三重県亀山市の盗撮事件で任意同行 取調べ対応の相談は刑事弁護士

2018-03-14

三重県亀山市の盗撮事件で任意同行 取調べ対応の相談は刑事弁護士

40代男性のAさんは、三重県亀山市にある駅のエスカレーターで盗撮行為をしたところ、被害女性の訴えにより駆けつけた三重県亀山警察署の警察官に任意同行を求められました。
Aさんは、その日中に釈放されたものの、後日、再度警察で取調べを受けることとなりました。
警察での取調べに不安を感じたAさんは、刑事事件専門の法律事務所に相談に行くことにしました。
(フィクションです。)

~取調べとは~

盗撮事件で捜査されている人は、事件についての取調べを受けることとなります。
警察などの捜査機関による取調べでは、事件の動機・内容・背景事情・生い立ちなど様々なことについて、話を聞かれます。
そして、盗撮事件で取調べで話した内容は、供述調書に記載され、後に原則として証拠として使用されます。

取調べを受ける際には、細心の注意が必要となります。
なぜかというと、供述調書に実際に話した内容と違うニュアンスで記載されたり、思いもよらず自分に不利な供述をさせられたりすることもあるからです。
そういった場合には、供述調書の修正を求め、そして、修正に応じてくれない場合には、供述調書への署名押印を拒否してください。

取調べにおいて警察官が作成する供述調書は、供述者である被疑者・被告人の署名押印がない限り、刑事裁判において証拠とすることはできません。
また、署名押印を求められたからといって、必ず署名・押印しないといけないというわけではありません。

署名押印した後で、「やはり違った」と訂正を求めても訂正は困難なので、必ず署名押印の前に訂正を申し立てましょう。
このように、取調べには注意点がいくつもありますので、警察での取調べ前に弁護士の適切なアドバイスを受けることが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門に取り扱っている法律事務所であり、盗撮事件に関しての相談・依頼を多く承っております。
盗撮事件取調べ対応に不安をがある方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
三重県亀山警察署初回接見費用は0120-631-881までお電話ください。)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.