示談交渉に強い弁護士が対応! 東京都練馬区の盗撮事件で逮捕

2017-05-06

示談交渉に強い弁護士が対応! 東京都練馬区の盗撮事件で逮捕

東京都練馬区に住むAさんは、自分の靴に小型のカメラを仕込んで、東京都練馬区内を走る電車の中において、女性の足元に靴を差し入れて、スカートの中を盗撮しました。
しかし、乗客がその盗撮行為に気づき、Aさんは、通報によって駆け付けた警視庁練馬警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、被害者の女性に謝罪し、示談交渉ができないかと考えていますが、許してもらえるかどうか不安に思っています。
(フィクションです)

~盗撮事件と示談交渉~

電車内などの公共の場所での盗撮は、各都道府県の迷惑防止条例によって禁止されていることが多いです。

盗撮逮捕されてしまった場合で、不起訴処分執行猶予を得たいとき、被害者の方との示談は重要な要素です。
示談は、当事者である加害者と被害者が互いに納得して、争いを終了させることです。
しかし、当事者だけで示談しようとしても、うまくいかない場合がほとんどです。
加害者と被害者だけで作成した示談書は、法的に不十分であることが多く、後から争いになるおそれもあります。
また、交渉の際に感情的になってしまうこともあり、示談がまとまらないケースも多数あります。

そこで、法律と交渉のプロである弁護士が示談交渉を行うことが重要となってきます。
弁護士であれば、法的な専門知識を持っているため、終局的な紛争解決に資する内容の示談をすることができます。
また、代理人ではありますが、当事者ではないので、冷静に、かつ真摯に交渉に臨むことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に所属する弁護士は、刑事事件専門の弁護士として、これまで数多くの事件で示談交渉を行ってきました。
盗撮事件で逮捕され、示談交渉に強い弁護士をお探しの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
警視庁練馬警察署までの初回接見費用は、お電話にてお問い合わせください。

Copyright(c) 2014 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.