北九州市の盗撮事件で逮捕されたらすぐ接見!福岡の刑事事件に強い弁護士

2017-06-11

北九州市の盗撮事件で逮捕されたらすぐ接見!福岡の刑事事件に強い弁護士

Aさん(10代男性)は、福岡県北九州市盗撮事件を起こしたとして、福岡県小倉北警察署逮捕されました。
Aさんの母親は、福岡県小倉北警察署から、Aさんを盗撮事件の被疑者として逮捕した、という知らせだけを受けましたが、なぜそんなことになったのか全く分かりません。
警察署に行っても、逮捕直後という理由で、Aさん本人には会えずじまいだったAさんの母親は、福岡県の刑事事件に強いという弁護士に相談し、接見をお願いすることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・逮捕直後は面会不可?

上記事例では、盗撮事件の被疑者として逮捕されたAさんの母親が、弁護士接見=面会を依頼しています。
逮捕から72時間は、上記事例にもあるように、たとえ家族であっても被疑者本人に会うことはできません。
家族を含む一般の方が被疑者本人に会えるようになるのは、勾留のついた後、逮捕から72時間後となります。
しかし、接見禁止処分がついてしまっていれば、逮捕から72時間後でも会うことはかないませんし、さらに、一般の方の面会については、1日何組まで、と決められていることが多いです。
このような制限の中では、事件の詳細や現状、これからのことについて十分話すことは難しいでしょう。

しかし、こんな時こそ、弁護士が役に立ちます。
弁護士は、上記のような制限なく、被疑者に接見することが可能です。
1日何回も接見できますし、逮捕直後であっても接見ができます。
弁護士接見によって、直接弁護士から助言を受けられることはもちろん、家族間の伝言を預かることもできます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回接見サービスのお申し込みを24時間いつでも行っています(0120-631-881)。
初回接見サービスでは、刑事事件専門の弁護士が、お申し込みから24時間以内に被疑者の方へ接見に伺います。
お身内が逮捕されたとなったら、まずは弊所まで、お問い合わせください。
福岡県小倉北警察署までの初回接見費用についても、お電話にてご案内します。

Copyright(c) 2014 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.