【勾留阻止に強い弁護士】愛知県豊川市の駅内盗撮事件の逮捕にも

2018-01-17

【勾留阻止に強い弁護士】愛知県豊川市の駅内盗撮事件の逮捕にも

Aは、愛知県豊川市内の駅のエスカレーターで女性のスカート内を盗撮し、付近にいた警備員に取り押さえられた。
取り押さえられたAは、愛知県豊川警察署の警察官に引き渡され、逮捕された。
愛知県豊川警察署からの連絡でAが逮捕されたことを知ったAの家族は、Aの今後を心配して、刑事事件に強い弁護士に、勾留阻止活動をしてもらうことにした。
(フィクションです)

~盗撮事件で勾留阻止をするために~

盗撮事件逮捕されてしまい、そのまま何もしないでいると、さらに「勾留」により身体拘束が長引くおそれがあります。
「勾留」は最大20日間続き、その間に検察官が被疑者を起訴するかどうかを検討する刑事手続の流れとなります。

勾留されてしまった場合、留置施設に身体拘束される上、逮捕中・勾留中の人は外部に連絡をすることができません。
そのため、勾留による長期身体拘束がなされていることが、学校や会社に発覚してしまう危険性があります。
会社や学校によっては、逮捕されてしまったという事実だけで、懲戒等の処分を受けてしまうおそれもあります。

このような勾留決定を回避するためには、可能な限り早く弁護士に相談することが必要です。
警察が被疑者を逮捕し、検察官に送るまでの時間や、検察官が逮捕後勾留請求をするかどうか判断する時間は、非常に短い時間に限られています。
ですから、弁護士が逮捕直後の早期段階から釈放弁護活動を行うことで、より勾留阻止・釈放の可能性を高めることができるのです。
逮捕後に拘留されず釈放された場合には、その後も取調べ等のために警察署や検察庁に出頭する必要はありますが、通勤・通学等の日常生活を送ることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、早期身柄解放や、勾留阻止のための弁護活動も多数行っております。
駅内盗撮事件でお困りの方、ご家族が逮捕されてしまった方は、すぐにご相談ください。
愛知県豊川警察署までの初回接見 41,500円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.