埼玉県上尾市の盗撮事件で逮捕 勾留阻止や不起訴獲得は弁護士へ

2018-05-09

埼玉県上尾市の盗撮事件で逮捕 勾留阻止や不起訴獲得は弁護士へ

Aさんは,SNSを通じて知り合ったVさんと,埼玉県上尾市のショッピングモール等を巡る約束を取り付け,後日,実際に会いました。
そして,Vさんと市内を巡っている間,AさんはVさんに無断でその容姿や下着をスマートフォンで盗撮していました。
Vさんは,盗撮に関して途中まで気づいてはいませんでしたが,複数回スマートフォンを向けられることに不信感を抱き,Aさんを問い詰めたところ,盗撮をされていたことが分かりました。
VさんはAさんを連れて埼玉県上尾警察署へ行き,その後Aさんは逮捕されることとなりました。
(以上の事例はフィクションです。)

弁護士がAさんのためにできる活動

上記事例のように,盗撮事件を起こして逮捕されてしまった場合,弁護士にどんな活動をしてもらうことができるでしょうか。
その活動の一部を見てみましょう。

勾留阻止を目指す活動
Aさんの場合,盗撮について素直に認めていること,Vさんに従って警察署へ向かっていることなどの事情があります。
これらの事情は,逮捕後に勾留まで行い,身柄を拘束し続ける必要がないということを示す事情になりえます。
他にも,Aさんを監督する立場にある方,たとえば妻や親などが身柄を引き受け,二度と盗撮をしないよう,また,逃亡をしないように監督する,という内容の書類を弁護士と共に作成し提出することで,Aさんが逃亡するおそれがないということを主張することが出来ます。
こうした主張を重ねることで,勾留阻止の活動を行うことができます。

示談による不起訴獲得を目指す活動
盗撮事件の被害者であるVさんと示談を成立させることによって,被害感情の弱まりを示すことができ,不起訴処分の可能性を高めることができます。
しかし,盗撮のような性犯罪の場合,被害者の方が当事者やその親族と会うことに抵抗を覚えることが多いです。
つまり,弁護士のような第三者が間に入ることで,謝罪や示談交渉を行いやすくすることができるのです。

上記のとおり,Aさんのように,盗撮をしたこと自体は間違いなくとも,弁護士に依頼することで,勾留阻止不起訴処分の獲得といった,Aさんの利益を守る活動が可能となります。
盗撮事件をはじめとした刑事事件でお困りの方は,お気軽に弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
埼玉県上尾警察署までの初回接見費用:36,400円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.