盗撮事件を秘匿したい!福岡県久留米市の逮捕対応の弁護士に相談

2017-10-07

盗撮事件を秘匿したい!福岡県久留米市の逮捕対応の弁護士に相談

Aさんは、福岡県久留米市内の駅構内のトイレにおいて、トイレ頭上より女性を撮影していたところ、トイレを使用しようとした他の女性に見つかってしまったため、逃げました。
しかし、すぐに駅員さんに見つかり、福岡県久留米警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
Aさんは大手企業に勤めているため、盗撮事件のことを誰にも知られず秘密にしておきたいと考えています。
(フィクションです)

~盗撮事件を秘匿するためには~

盗撮事件等の刑事事件を起こした場合、その事実を会社の人や近所の人に知られたくないと思われる方は多いと思います。
しかし、マスコミが事件を大々的に報道してしまえば、世間に事件が広まってしまい、仕事場の同僚や近所の人まで知ってしまう可能性があります。
そのような事態になってしまうと、最悪の場合、会社・学校を辞めざるをえない事態にもなりかねません。
そのような事態を避けるために対策を取るには、そうなる前に弁護士に相談しておくことが大切です。
弁護士から警察へ事件を公表しないよう、お願いの書面を差し入れたりして交渉することで、報道を避けることができる場合もあります。

他にも、早期に被害者の方へ謝罪や弁償を行って事件の終息を早めるよう活動することも考えられますが、いずれの場合にしても、盗撮事件を起こした場合には、早急に弁護士に相談をして弁護を依頼することで、何もしないより、事件のことを周囲の人に知られる可能性を減少させることが可能となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、365日24時間体制で相談予約を受け付けております。
もちろん、土日祝日もご相談予約を受付けております。
初回の法律相談は無料ですから、お気軽にご利用いただけます。
さらに、盗撮事件で警察署に逮捕・勾留されている被疑者へ、弁護士が接見(面会)に駆けつける、初回接見サービスも行っております。
盗撮事件でお困りの方は、休日・深夜でも弊所0120-631-881までお問い合わせ下さい。
福岡県久留米警察署 初回接見費用 4万700円

 

Copyright(c) 2014 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.