{中津川市で盗撮で逮捕されたら}前科・懲戒解雇回避の弁護士へ

2017-12-24

{中津川市で盗撮で逮捕されたら}前科・懲戒解雇回避の弁護士へ

会社員であるAさんは、岐阜県中津川市の駅構内の階段でVさんのスカートの中をスマートフォンで盗撮したが、Vさんに気付かれてしまい、その場で現行犯逮捕され、岐阜県中津川警察署に連行された。
Aさんの奥さんは、前科がついたらAさんは懲戒解雇になるのではないかと不安になり、盗撮に詳しい弁護士に相談をした。
(このストーリーはフィクションです)

~前科・懲戒解雇を避けたい~

ここでは、盗撮逮捕された場合、どのような処分を受ける可能性があるかについて考えてみたいと思います。

仮に、盗撮行為が悪質ではない、あるいは証拠不十分だと警察官によって判断された場合には、すぐに釈放されることもあります。
しかし、そうでなかった場合、最大で48時間以内に警察から検察へ身柄が移して捜査が進められ、その後最大で23日間の勾留を受けた後起訴されるか否かが決まります。
起訴されて有罪判決となれば前科が付きますし、不起訴処分であれば前科は付きませんので、ここが前科が付くかどうかの大きな分岐点になります。

前科とは、裁判において、懲役(執行猶予も含む)、禁錮、罰金(科料も含む)といった有罪判決を受けた場合に付くと言われています。
前科が付いてしまえば、会社から懲戒解雇を受けてしまう可能性もありますし、前科があれば転職する場合にも不利になってしまう可能性があります。
ですから、前科を避け懲戒解雇を避けるためにも、不起訴処分を獲得することは非常に重要なことなのです。

盗撮事件においては、被害者との示談が成立しているかどうかが、不起訴処分となり前科を避けるために重要となります。
盗撮事件の場合、被害者との示談が完了していない場合は、略式手続により罰金刑を受けることが多く、盗撮行為が悪質だと判断されたり、余罪が多くある場合には実刑判決を受けることも考えられます。
一方、被害者との示談が成立していた場合は、初犯であれば不起訴処分になる確率が高いです。

しかし、実際当事者同士で示談を成立させることは難しく、話がこじれたり、盗撮事件ではそもそも相手の連絡先が分からないケースが多いです。
そのため、示談等による前科懲戒解雇の回避等を目指したいという方は、盗撮事件・刑事事件に強い弁護士に間に入って活動してもらうことが望ましいでしょう。
盗撮事件でお悩みの方は、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。
岐阜県中津川警察署の初回接見費用 46,160円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.