盗撮事件と発生時間帯

盗撮事件で検挙された犯行時間の統計

図Ⅱ-43① 盗撮事犯の犯行時間別検挙件数(平成24年) 検挙件数 割 合
0時~3時 50件 2.1%
3時~6時 16件 0.7%
6時~9時 324件 13.5%
9時~12時 184件 7.6%
12時~15時 335件 13.9%
15時~18時 730件 30.3%
18時~21時 526件 21.8%
21時~24時 199件 8.3%
不明 44件 1.8%
盗撮事件で検挙された犯行時間の統計

「平成25年版警察白書」より

検挙された盗撮事件の犯行時間帯から、朝夕の通学・通勤時間帯に盗撮事件が多く発生していることが分かります。

特に、15:00~18:00の時間帯に、検挙件数全体の約30%を占め、18:00~21:00までの時間帯に、全体の約22%を占めています。
したがって、これらの時間帯は、盗撮事件の発生検挙件数のうち、全体の半分以上を占めています。

15:00~21:00の時間帯は、盗撮事件が多く発生しやすいとの認識が必要です。

この時間帯に盗撮が多い理由としては、学校や仕事が終わる時間帯で、ショッピングモール等の商業施設へ立ち寄ったり、駅、公共交通機関を利用する方が増えるためだと考えられます。

盗撮事件・のぞき事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所(0120-631-881)までご相談ください。

 

お問い合わせ

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.