愛知県春日井市の盗撮事件 起訴前の弁護活動に強い弁護士

2015-01-14

愛知県春日井市の盗撮事件 起訴前の弁護活動に強い弁護士

愛知県春日井市在住のAさんは、Vさん宅に侵入し、盗撮目的で購入した小型カメラでVさんの入浴姿を盗撮しました。
Aさんは、愛知県警察春日井警察署の警察官の職務質問をきっかけとして逮捕されました。
(フィクションです)

~起訴前の刑事弁護活動にはどのようなものがあるか~

今回盗撮事件を起こしてしまったAさんの犯行動機は、「Vさんが綺麗だったのでその裸をカメラに収めたい」というものでした。
Aさんは逮捕後、衝動的な行為に及んだことを後悔し、深く反省をしています。
他方、Vさんは、Aさんの行動を許すことができず、厳罰に処してほしいと考えています。
Aさんは初犯です。
また、Aさんは盗撮行為に争いはなく早期の事件解決を望んでいます。

このような事例において、早期にAさんを救済するには、刑事事件に強い弁護人による起訴前の弁護活動が重要です。
今回は、起訴前の弁護活動を概観していきましょう。
次回は、同じテーマについてより詳細な刑事弁護活動を記載していきたいと思います。

Aさんのように盗撮行為を争わず早期の事件の解決を望んでいる人のための弁護活動としては、以下のようなものが挙げられます。

・早期に釈放することを警察官や検察官などに求めます
・むやみに不利な事情を話さないよう取調べの対応方法を適切に教授します
・不起訴処分を受けるための活動を行います

盗撮行為に争いが無い場合、裁判を開かせずに事件を解決することがベストと言えるでしょう。
また、会社や学校に事件を知られないためには、長期間の身柄拘束状態を回避する必要があります。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、起訴前の弁護活動にも力を入れております。
これまでにも、多くの釈放・不起訴処分を獲得することができました。
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、刑事事件・少年事件に特化した事務所です。
盗撮事件でお困りの方は、弊所にご相談下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.