福岡市博多区の盗撮事件で逮捕・釈放 自白事件での刑事弁護活動

2018-10-04

福岡市博多区の盗撮事件で逮捕・釈放 自白事件での刑事弁護活動

Aは、福岡市博多区のショッピングモール内で起きた盗撮事件の被疑者として、福岡県博多警察署の警察官に現行犯逮捕された。
同署で取調べが行われたが、Aは犯行について事実関係をすべて認めるとともに、余罪である別件の盗撮事件についても、自ら進んで供述をした。
Aは、両親が身元引受に来てくれたことで釈放を許され、今後は在宅捜査に切り替わったため、すぐに刑事事件の弁護活動を得意とする法律事務所へ行き、盗撮自白事件の弁護について、弁護士に相談をすることにした。
(フィクションです。)

自白事件とは、一般に、被疑者が自白をしている、被疑事実に争いのない事件をいいます。
自白事件においては、犯罪をしたこと自体に争いがないため、弁護士に犯罪の事実自体を争ってもらうような活動よりは、情状弁護活動を行ってもらうことが重要になります。
具体的には、被害者がいる事件であれば、示談交渉を行って被害回復とともに被害者から許しをいただくことが必要になります。

また、今回のAのように再犯が疑われる場合であれば、被疑者の更生を図れるよう、通院や治療プログラムを組むなどの環境調整を行うことも必要です。

起訴されるか否か、どのような刑罰が下されるかといった終局処分の見通しについては、基本的に、事件の類型や被害の大小、示談の有無、前科前歴の有無などの事情により大きく左右されます。
自白事件における弁護活動については多くのノウハウが求められますので、刑事事件の弁護活動に強い弁護士に一度ご相談ください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は、刑事事件の弁護活動に強く、盗撮事件についての刑事弁護活動も多数承っております。
自白事件の弁護活動でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
福岡県博多警察署への初回接見費用:34,300円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.