岐阜県の盗撮事件 逮捕されても被害弁償に強い弁護士

2016-05-26

岐阜県の盗撮事件 逮捕されても被害弁償に強い弁護士

名古屋市中区に住むAは、岐阜県内のコンビニ店で盗撮事件を起こしてしまいました。
被害者Vは、盗撮事件以降、強い精神的ショックから外出も困難な状態になっています。
Vの友人から相談を受けた岐阜県警岐阜中警察署が捜査を進めたところ、被疑者としてAが浮上したのでした。
岐阜県警岐阜中警察署から任意の出頭を求められたAは、執行猶予期間中であるため、何とか実刑を避けることはできないかと、名古屋で評判のいい弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

執行猶予期間中に犯罪を起こしてしまった場合には、前に言い渡された刑に付された執行猶予が取り消される可能性があります。
その場合、執行猶予にされていた刑及び新たに犯してしまった罪の刑の両方につき、処罰を受けることになります。
では、執行猶予期間中に犯罪を起こしてしまった場合には、常に前に言い渡された刑に付された刑も含めて実刑判決に服さなければならないのでしょうか。
必ずしもそうではありません。

執行猶予期間中であっても、再度の執行猶予を勝ち取る事が出来れば、実刑判決を受けなくても済みます。
もっとも、そのためには、言い渡される刑が1年以下で、また必ず保護観察に付されなければなりません。
その様に厳しい条件を満たす判決を勝ち取るは熟練した刑事事件のプロフェッショナルでなければ難しいでしょう。

では、上記のような事案ではどのように行動すれば、再度の執行猶予を勝ち取ったり、起訴を免れることが出来るのでしょうか。
こうした結果につながる弁護活動には様々なものがありますが、その一つは、弁護士を通じた被害弁償です。
被害弁償は、被害者に対する贖罪の第一歩です。
被害弁償をしたからといって直ちに実刑判決を免れるとまでは言い切れないこともあります。
しかし、被害弁償をしていないと、実刑判決を受けてしまう可能性がかなり高くなってしまいます。

被害弁償をしたくても円滑に行うことができないという方は、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
盗撮事件の被害者の多くは、加害者と直接的に接触することを避ける傾向があります。
そんなとき、弁護士をご利用いただければ、弁護士が第三者的立場から円滑な被害弁償をサポートすることができます。
まずは無料相談から始めていきましょう。
(岐阜県警岐阜中警察署への処刑接見費用:3万8900円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.