神戸の盗撮事件 刑事裁判でいい弁護士

2015-10-23

神戸の盗撮事件 刑事裁判で評判のいい弁護士

兵庫県神戸市長田区内で盗撮事件が起こった。
兵庫県警長田警察署は被疑者として、同区内に住む会社員Aを逮捕した。
Aは、その後、起訴された。
Aは執行猶予付き判決を得たいが、自分を弁護する弁護士刑事裁判で何をしてくれるのかよくわかっていない。
(フィクションです)

【執行猶予】

刑の執行猶予とは、有罪であっても一定期間刑の執行を行わず、その間に罪を犯さなければ刑の言渡しの効力が消滅し、刑の執行を免れる制度のことをいいます。
では、執行猶予付判決を獲得するために、弁護士はどのような弁護活動をするのでしょうか。今回は、いくつかの例を挙げたいと思います。

①被害者と示談をする
盗撮事件などの事件では、盗撮された被害者がいます。その被害者に対して謝罪と示談をします。
・示談がすんでいる
・被害者が「被告人のことを許す」と言っている
・告訴や被害届の取り下げを行っている
・被害弁償をしている
などの事情があれば、執行猶予付き判決がなされる肯定的な事情となります。

②家族等の身元引受人に証人になってもらう
身元引受人である家族や友人などに刑事裁判での証人となっていただきます。
そして、その際に、例えば、被告人が2度とこのようなことをしないようにしっかりと監視していくといった内容や、被告人が刑務所へ入ると困るといった内容を述べてもらいます。
そうすることで、裁判官に「被告人を刑務所へ入れる必要はない」と思ってもらうことができます。

③具体的事実から情状を主張する
例えば、
・犯行対応が悪質でない
・危険性が少ない
・犯行を行ったことに同情すべき事情がある
・計画性がなく偶発的である
・生活苦からの犯行である

などの事情を刑事裁判弁護士が主張します。
そうすることで、執行猶予を獲得できる可能性が高まります。

以上のような弁護活動を行いますが、どれが効果的なのかは、各事案によって異なります。
そして、その主張をすべきタイミングの見極めも重要になってきます。
そこで、刑事裁判の経験が豊富な弁護士事務所に依頼することが効果的となってきます。
神戸の盗撮事件で、執行猶予判決を獲得したいと考えている方は、あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(兵庫県警長田警察署 初回接見費用:3万8300円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.