京都の盗撮事件 刑事事件で弁護士を選ぶポイント

2015-10-25

京都の盗撮事件で弁護依頼 刑事事件で弁護士を選ぶポイント

京都府京都市北区内で盗撮事件が起こった。
被疑者として、京都府警北警察署は、同区内に住むAを逮捕した。
Aの母Bは、刑事事件においてどのような弁護士に弁護依頼をするのがよいのか分からない。
そこで、知り合いの弁護士に相談をしてみた。
(フィクションです)

【刑事事件での弁護士選びのポイント】

盗撮事件を起こしてしまった!刑事事件に巻き込まれてしまった!という場合、すぐに弁護士に相談したいと思っても分からないことが多いと思います。

こうした状況で弁護士を探している方の中には、
弁護士ならどのような弁護士でも頼りになる存在だ」
という誤った認識をお持ちの方が多いようです。
しかし、実際の相談者の中には、現在付いている弁護士に対する不満から改めて弁護士を探し始めたとおっしゃる方も少なくありません。

できることなら、刑事事件に強い信頼できる弁護士にお願いしたいと思われるのは当然です。
そこで、今回は、刑事事件での弁護士を選ぶポイントになり得る点をいくつか書かせて頂きます。

①早期に弁護活動に取り掛かれるか
盗撮事件などの刑事事件では、起訴されるか否か、また、早期に身体拘束を解除できるかが弁護活動の中で重要なポイントとなります。
つまり、起訴されてから弁護活動を開始するのでは、遅いのです。
また、いくら評判のいい弁護士事務所であっても、弁護活動に早期に取り掛かれない状況であれば、最善の弁護活動は行えません。

②刑事事件の経験が豊富か
刑事事件は、時間の制限や関係諸機関への対応、被害者対応、マスコミ対応など多くのことを考えて弁護活動を行わなければ最善の弁護はできません。
そこで、刑事事件の経験が豊富か否かというのは一つのポイントとなってきます。
経験が豊富であれば、即座に、個別事案に沿った最善の弁護活動を行えます。

③信頼できる弁護士か
やはり、重要な一つのポイントとしては、自らないし身内の人生を預けることのできる弁護士か否かという点です。
刑が軽くなるからと言って、依頼者の意向を無視する弁護活動をする弁護士に依頼すれば、結果として満足できないでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所は、365日24時間相談受付可能な法律事務所です。
京都の盗撮事件弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(京都府警北警察署 初回接見費用:4万300円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.