名古屋の盗撮事件 示談に強い弁護士

2014-12-07

名古屋の盗撮事件 示談に強い弁護士

通学途中のAさんは、JR駅構内で女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮していました。
駅構内をパトロールしていた警察官は、Aさんの盗撮行為を現認したため、Aさんを現行犯逮捕しました。
釈放後、Aさんは刑事事件を専門に扱う法律事務所を訪れました。
(フィクションです)

~盗撮事件でお困りの方は、示談に強い弁護士事務所へ~

盗撮事件を起こしてしまったら、示談に強い弁護士に相談することをおススメします。

◆示談の重要性
盗撮事件において示談はなぜ重要なのでしょうか。
それは、盗撮事件で示談がなされている場合、不起訴処分が下される可能性が高くなるからです。
ただし、示談交渉を盗撮事件を起こした本人が行うことは、得策ではありません。
それには、3つの理由が挙げられます。

【その1】
盗撮事件を起こした本人が逮捕勾留されている場合には、被害者と直接示談をすることは物理的に不可能だからです。
【その2】
盗撮事件を起こした本人では、示談金の相場が分からず払いすぎてしまう可能性が高いからです。
【その3】
当然のことですが、示談の相手方は、盗撮の被害を受けた方です。
盗撮被害を受けた方は、盗撮事件を起こした本人に対して恐怖や恨み、会いたくない等様々な負の感情を持っています。
そのような被害者と本人が直接示談交渉をすることは、事件の解決をかえって難航させてしまう危険性があります。

その点、示談に強い弁護士には、豊富な示談経験に裏打ちされた独自のノウハウがあります。
ですから、盗撮事件でも高い確率で、示談による円満解決を実現することができます。
絶対に前科をつけたくない場合には、示談に強い弁護士に示談交渉を行ってもらいましょう。

◆示談金の相場
盗撮事件でも、示談を行うには示談金が必要です。
示談金の相場は、事件によって様々です。
数万円で済むものから数十万数百万もの金額が必要な場合もあります。
もちろん、盗撮事件においても示談金の相場があります。

もし示談金のことで困っている場合には、早急に示談に強い弁護士に相談しましょう。
示談に強い弁護士は、盗撮事件での示談金の相場についても把握しています。
示談金には適切な金額があります。
ご自身の盗撮事件で相当な示談金額をお知りになりたい方は、一度示談に強い弁護士に相談しましょう。

示談は、スピード勝負です。
前科をつけないために示談したい、というお気持ちが少しでも頭をよぎったら早急に示談に強い弁護士に相談しましょう。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、これまでに盗撮事件を多く扱ってきています。
そのため、盗撮事件における示談の交渉術を熟知した弁護士が、万全の示談交渉で依頼者の方をサポートできます。
盗撮事件でお困りの方は、まずはお気軽に愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にご相談下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.