名古屋の盗撮事件 無料法律相談の弁護士

2015-01-18

名古屋の盗撮事件 無料法律相談の弁護士

Aさんは、金山駅のエスカレーターでVさんのスカートの中をスマートフォンで盗撮しました。
Aさんによれば、「女性の下着を見たかった」とのことです。
事件はまだ警察に知られていませんが、Aさんは逮捕されるのではないかと不安を感じました。
(フィクションです)

~無料法律相談で不当な逮捕を阻止する弁護士~

盗撮により逮捕されるのではないかと不安を感じたAさんは、逮捕に強い弁護士無料法律相談にいきました。

Aさん 「つい出来心で盗撮をしてしまいました。私は逮捕されるのでしょうか」
Aさんは、後悔に満ちた顔をしています。
弁護士 「逮捕するかしないかは、警察など捜査機関が決める事です。
     そのため、Aさんが逮捕されるか否かは断言できません。
     ただ、捜査機関の捜査の前にこちら側が有利な証拠を獲得しておけば、逮捕さ         れる可能性を減らすことができます」

弁護士は、優しくAさんの質問に答えました。
するとAさんは、この弁護士の話をもっと聞きたいと思いさらに質問をしました。

Aさん 「有利な証拠を獲得しておくとは具体的にどのようなことをするのでしょうか」
弁護士「Aさんは、盗撮したこと自体に争いはないということでよろしいでしょうか。
    この場合、被害者の女性と示談をしておくことが最も大切だと考えられます。
    示談そのものは、民事事件の解決に繋がる活動です。
    しかし、検察官が起訴する際は、示談と被害者の宥恕の有無を重視します。
    そのため、逮捕段階でもこの点が重視されると考えられます。
    その後、弁護士が捜査機関と折衝すれば逮捕は防げると考えます。」

Aさん 「ありがとうございます。不安はありますが、少しスッキリしました。
     先生、対応お願いします。」
弁護士 「はい、わかりました。最善を尽くさせていただきます」

その後、弁護士の刑事弁護活動によりAさんは逮捕されずに事件が解決しました。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、盗撮事件をたくさん扱っております。
盗撮事件でお困りの方は、盗撮事件の刑事弁護活動に強い弊所にお任せ下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.