名古屋の盗撮事件 逮捕に強い弁護士

2015-01-12

名古屋の盗撮事件 逮捕に強い弁護士

名古屋市の東スポーツセンターの女子更衣室に、盗撮目的で男性が侵入した事件で、愛知県警東警察署は、この男性を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕しました。
男性は、「間違いありません」と供述しています。
(フィクションです)

~ご家族や大切な人が逮捕されてしまったら~

・逮捕されないためにはどうしたらよいのか

被害者がいるケースであれば、事前に被害者と示談をすることで、事件化や逮捕を防ぐことができます。
この場合、示談交渉はできるだけ弁護士に任せましょう。
当事者間で直接示談をしようとすると、被害者の怒りや恐怖感を助長して、却って状況が悪化したり、被害者の通報等により逮捕されたりする危険があります。
また、警察から呼び出しを受けているケースであれば、警察への任意出頭・取調べにきちんと対応しなければなりません。
できれば、任意出頭・取り調べ前に、対応方法を刑事事件専門の弁護士に相談しておくと良いでしょう。
刑事事件を専門に扱う愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、出頭・取り調べについて不安な方について、対応方法のアドバイスもいたします。

逮捕とは、逃亡や証拠隠滅を防ぐ目的で、被疑者(容疑者)の身体を警察署内の留置場などの留置施設に一定の時間拘束することをいいます。
警察官に逮捕されると、被疑者(容疑者)は48時間以内に検察庁の検察官のもとに送られます。
検察官は、24時間以内に被疑者(容疑者)を勾留するか釈放するかを決め、勾留する場合は裁判所に勾留請求をします。
勾留請求を受けた裁判官は、容疑者を勾留するかどうかを決定します。
裁判所の裁判官による勾留決定が出た場合、容疑者は原則10日間、警察署の留置場などに留置され、孤独な状況に置かれ続けることになります。
逮捕されてしまったご家族や大切な人を守るためには、検察官が勾留請求をするまでに弁護活動を開始するのが最善です。

盗撮事件・のぞき事件で逮捕された場合には、逮捕に強い刑事事件を専門に扱う愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.