名古屋の盗撮事件で逮捕 被害届提出前の示談の弁護士

2015-06-03

名古屋の盗撮事件で逮捕 被害届提出前の示談の弁護士

20代男性Aさんは、在籍する大学の前の歩道にて知人女性Vさんのスカートの中をスマートフォンで盗撮していました。Vさんは盗撮されていることに気付き、Aさんに盗撮をやめるように注意しましたが、急いでいたためその場を去りました。後日Vさんに尋ねたところ警察にはまだ被害届を出していないそうですが、愛知県警中川警察署に被害届を提出しようとしているそうです。

(フィクションです。)

~被害届が提出されていない場合~

被害者が被害届を警察に提出していない場合、被害者と示談交渉をして「被害届を提出しないこと」を内容とする示談が締結できれば、刑事事件になることを防ぐことができます。

「被害届を提出しないこと」を内容とする示談のメリットとしては以下の二点が考えられます。
 ・事件が公にならず、当事者だけの秘密にできる可能性が高い
 ・警察の捜査を受けない可能性が高い

また、在籍する会社や学校で盗撮事件を起こしてしまった場合は警察に被害届を提出する前に会社や学校の担当者を交えての話し合いになることがあります。
このようなケースで示談をする際、被害者の連絡先を知らない場合は、会社や学校の担当者を通じて、被害者の示談の意向を確認し、弁護士限りで連絡先を教えてもらえるよう交渉することになります。

もし、加害者が、被害者の連絡先等を知っている場合であっても、被害者は、加害者に対する恐怖や憤怒を抱いているため、当事者が直接示談交渉するのは困難なケースが多く見受けられます。
また、当事者による示談では、法律的に不十分な場合や無効である場合など、後に争いが蒸し返される場合があります。

そこで、示談にしたい場合には、示談交渉に優れた弁護士に依頼することで、法律的な見地から事件の完全解決へ向け、示談の成功率を上げることができるのです。
そして、被害者の方と示談するには、弁護士による法律的サポートのもとで、当事者が納得できる示談をすることが大切となります。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、示談を多数成立させている刑事事件・少年事件専門の法律事務所です。
盗撮の示談交渉について詳しく知りたいという方は、ぜひ弊所までお電話下さい。
なお、愛知県警中川警察署に逮捕されたという場合は、弁護士を警察署に派遣することも可能です(初回接見サービス:3万5000円)。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.