名古屋の盗撮事件で逮捕 円滑な示談の成立を手がける弁護士

2016-06-25

名古屋の盗撮事件で逮捕 円滑な示談の成立を手がける弁護士

一宮市に本社を置く会社に勤めるAは、早朝に出社し、Vの座席の下にカメラを仕掛けVの下着内を盗撮しようとした。
後日、VがLANケーブルの接続が悪いことか机の下を調べようとしたところ、隠しカメラを見つけた。
警察が調べたところ、Aが隠しカメラを仕掛けた疑いが濃厚となった。
そこで、警察がAに任意で愛知県警一宮警察署に出頭するよう求めたところ、Aはその要請に従い、警察署に出頭した上、盗撮について自白した。
当日、Aは盗撮の疑いで逮捕されてしまった。
何とか、示談を成立させて処分を軽くしたいと思うAは、一宮の事件にも対応してくれる評判のいい弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

刑事処分を軽くするために、最も有効な手段の一つが示談です。
具体的には、示談によって、
・不起訴処分を勝ち取り、刑事裁判にかけられずに済む、
・刑事裁判にかけられ、有罪となっても、執行猶予が得られる可能性が高まる
ことが考えられます。

では、弁護士を介することなく当事者だけで示談を成立させることはできるのでしょうか。
理屈の上では不可能ではありません。
しかし、事件の当事者間では感情対立から、話し合いが円滑に進むことは極めて稀です。
ことによると、示談を強く迫るあまり、相手が態度を硬化させてしまい、後に弁護士を入れても示談ができない状態に陥ってしまうかもしれません。

このような事態を避けるために、可能な限り早く弁護士を介して示談を成立させるべきであると言えるでしょう。
特に、刑事事件を知り尽くした弁護士が示談を担当することで、通常よりも有利な条件で示談を成立させることができることが多いでしょう。
盗撮事件示談は、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(愛知県警一宮警察署への初回接見費用:3万6700円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.