名古屋の盗撮事件で逮捕 示談交渉をする弁護士

2015-07-29

名古屋の盗撮事件で逮捕 示談交渉をする弁護士

会社員Aさんは駅構内の階段で、女子高生のスカートにスマートフォンを差し入れ、動画を撮影したとして愛知県警中警察署逮捕されました。
Aさんは「間違いありません。」と容疑を認めているそうです。
(フィクションです)

~盗撮事件で示談を成立させるには~

実際に盗撮をしてしまった盗撮事件で不起訴獲得に一番の決め手になるのは示談です。
示談を締結して被害弁償をして被害者から許してもらうことは、前科がない場合ならほぼ不起訴になるといえるほど非常に大きな意味を持ちます。

しかし、示談が重要だからといって、弊所の弁護士は被害者をさらに傷つける恐れのある示談交渉や強引な示談交渉は決しておこないません。
そのような示談交渉は被害者の二次被害となり、被害者の不信を招き、むしろ示談成立を困難としてしまうからです。
示談は,被疑者と被害者の合意です。

そのため、被疑者と被害者の双方にとって納得のいくものでなければなりません。

もし、強引な交渉で被疑者に一方的に有利な示談を成立させた場合,被疑者にとっては頼もしい弁護士に感じられるかもしれません。
しかし、示談書の提出を受けた検察官は,被害者に示談状況や示談の内容、それが真か否か確認し,強引な示談がなされていないかなど,必ず示談交渉の内容をチェックします。
そこで,検察官に問題のある示談だと思われてしまうと,せっかく成立させた示談が何も意味のないものになってしまいます。

このような理由によって、弁護士示談交渉に臨む場合、被害感情に配慮して慎重に誠意をもって示談交渉をおこなうのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、示談を多数成立させてきました。
盗撮事件示談をお考えの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご連絡下さい。
なお盗撮事件で愛知県警中警察署に逮捕された場合、初回接見費用は3万5500円です。

 

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.