奈良県の児童ポルノ提供事件で逮捕 盗撮事件に強い弁護士

2016-03-27

奈良県の児童ポルノ提供事件で逮捕 盗撮事件に強い弁護士

奈良県天理市在住のAさん(30代男性)は、インターネット上の掲示板に児童ポルノ画像を掲載したとして、児童ポルノ提供罪の疑いで、奈良県警天理警察署逮捕されました。
Aさんは、児童ポルノ画像を盗撮の方法で収集していたようです。
Aさんの依頼を受けた盗撮事件に強い弁護士は、依頼からわずか4時間後に奈良県警天理警察署で接見(面会)を実施しました。
(フィクションです)

~盗撮行為に関連する犯罪ーインターネット上でわいせつ画像や児童ポルノを掲載した場合ー~

例えば、盗撮した画像をホームページなどに掲載する行為は、「わいせつ物頒布等罪」に当たります。
「2年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金若しくは科料」という法定刑の範囲内で、刑事処罰を受けることがあります。
また、掲載したわいせつ画像が児童ポルノに該当する場合は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の「児童ポルノ提供罪」に当たります。
「5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金」という法定刑の範囲内で、刑事処罰を受けます。

盗撮画像などのわいせつ画像を掲載する際に、多くは海外のサーバーを通してインターネット上に掲載されることが多いです。
しかし、日本国内より海外のサーバーへわいせつ画像をアップロードする行為が、「わいせつ物頒布等罪」にあたるとして日本の警察により摘発されたケースもあるため、注意が必要です。
また、児童ポルノ提供罪については、児童ポルノ提供の事実が立件されなかったとしても、安心できません。
単純所持による児童ポルノ所持罪として「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」という刑事処罰を受けるため、注意が必要です。

児童ポルノ提供事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、不起訴処分や無罪判決の獲得を目指して、
・掲載された画像がわいせつ物に当たらないといった事情
・18歳未満の者を撮影した画像ではない事情
などを主張・立証していきます。
あいち刑事事件総合法律事務所では、盗撮事件のことについても、初回は無料相談で受けていただけます。
また、逮捕されている事案では、弁護士が警察署まで接見(面会)に向かう、初回接見サービスも行っております。
(奈良県警天理警察署 初回接見費用:4万1700円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.