埼玉県蓮田市の会社内盗撮事件 警察介入前に示談するなら弁護士

2018-10-20

埼玉県蓮田市の会社内盗撮事件 警察介入前に示談するなら弁護士

埼玉県蓮田市の会社員Aは、会社内で同僚の女子社員Vのスカート内を盗撮していました。
ある日、Vに盗撮行為に気づかれてしまい、会社側はAの携帯電話を没収し、Aに自宅謹慎を命じました。
そこでAは、刑事事件に強い弁護士無料法律相談へ行き、弁護活動を依頼をしたところ、Vと示談を締結することで警察介入前に事件を収束させることができました。
(フィクションです)

警察未介入事件

盗撮事件は、各都道府県の条例違反や軽犯罪法違反、建造物侵入罪等となる可能性のある犯罪ですが、事件によっては、警察介入前に事件を収束させることも可能です。
具体的には、刑事事件化する前、警察未介入の状態で、刑事事件化を防ぐために被害者と示談交渉をしていくことが考えられます。
特に、職場などで盗撮行為が行われた場合、会社側も公にしたくない、刑事事件化を望まない、というケースもあります。
警察未介入盗撮事件で刑事事件化を防ぐためには、早期の被害者との示談が大切になってきますので、早い段階から示談交渉に強い弁護士に依頼するようにしましょう。

示談交渉

示談交渉の中でも、警察未介入事件での刑事事件化阻止に向けた示談交渉は難しいものとなります。
被害者は、事件を起こした加害者に対して刑事罰を望んでいる場合も多いです。
そんな中で、金銭の支払い等によって被害者や会社に納得してもらい、刑事事件化を阻止していくのは、示談交渉に強い弁護士でなければ難しいことだと言えるでしょう。
警察未介入のまま事件を収束することができれば、前科、前歴ともにつかないことになるので、盗撮行為をしてしまって前科や前歴、刑事事件化が不安である場合には、すぐに弁護士に相談し、示談交渉に取り掛かってもらうことも必要となってくるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では示談交渉盗撮事件に強い弁護士無料法律相談初回接見を行っています。
フリーダイヤル0120-631-881にてご予約を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.