滋賀の盗撮事件で逮捕 捜査に効く弁護士の抑止力

2016-02-01

滋賀の盗撮事件で逮捕 捜査に効く弁護士の抑止力

公務員Aは、盗撮事件の被疑者として滋賀県警甲賀警察署で取調べを受けました。
警察の捜査は、今後も継続されるようです。
Aは、「逮捕されるのではないか」「次の取調べでは自白の強要が行われるのでは」と不安で堪らなくなりました。
そこで盗撮事件に強い弁護士事務所で法律相談することにしました。
対応してくれた弁護士が強調したのは、弁護士を付けておくことによる抑止的効果でした。
(フィクションです)

~弁護士の抑止力~

一般的には、弁護士というと「逮捕・勾留された後」や「起訴された後」に活躍するものだと思われているようです。
確かに弁護士が活躍する場面としては、そういったものの方が多いかもしれません。
しかし、被疑者・被告人にとって多大な不利益をもたらす以上、不当な逮捕・勾留を許すわけにはいきません。
またニュースなどでもよく話題になる「自白を強要する取調べ」も阻止しなければなりません。

こうした点を考えると、上記のような事後的な活躍だけでなく、事前的な活躍も求められます。
例えば、弁護士は、勾留の可否について判断を下す裁判所に対して警察や検察に一方的に有利な判断をしないよう法的に牽制することができます。
また、違法な逮捕・勾留が行われないよう、警察や検察に対しても牽制をかけます。
そのため、弁護士が付いているとなれば、裁判所や捜査機関も捜査や身柄拘束手続きには、慎重にならざるを得なくなります。
これが弁護士の事前的な活躍、いわゆる弁護士の抑止力です。

弁護士を付けることは、捜査機関や裁判所の暴走を抑止する効果があります。
被疑者・被告人に生じる不利益を最小限にするには、何事も起こらないことが一番です。
盗撮事件で少しでも不安を感じたら、早めにご相談ください。
あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間365日体制で無料相談の受付を行っております。
(滋賀県警甲賀警察署の初回接見費用 4万8000円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.