東京都文京区の盗撮事件 逃走後の出頭は刑事専門弁護士に相談

2018-05-29

東京都文京区の盗撮事件 逃走後の出頭は刑事専門弁護士に相談

Aさんは,東京都文京区内の駅のエスカレーターで前に立っていた女子高生のスカート内を持っていたデジタルカメラで盗撮したところ,Aさんの後ろにいた目撃者に気付かれ,その目撃者にカメラを取り上げられてしまいました。
盗撮をしたAさんは怖くなり,その場から逃げ出してしまいました。
盗撮をしたカメラを現場に置いてきてしまったAさんは「いつか逮捕されてしまうかもしれない」と思い,警視庁冨坂警察署出頭することにしました。
そして,出頭前に刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(フィクションです。)

【盗撮行為について】

公共の場所で女性スカート内にカメラを差し入れる盗撮行為は,各都道府県の迷惑防止条例において禁止されていることが多いです。
盗撮をして逮捕された場合,東京都であれば,6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。

【盗撮の現場から逃げ出してしまった場合】

Aさんのように,盗撮をした後,現場から逃げ出してしまっても,その後の警察の捜査によりAさんが特定される場合があります。
被疑者が現場から逃げてしまった場合,警察は逃走した事実をとらえて「逮捕の必要性あり」と判断し,被疑者を逮捕してしまう可能性もあります。
Aさんのような状況に陥ってしまった場合,逮捕される前に自ら警察へ出頭するという選択肢もありますが,自ら出頭したからといって必ず逮捕を免れる訳ではありません。
だからこそ,出頭前に,刑事専門弁護士に相談されることをおすすめいたします。

刑事事件専門の弁護士に相談することで,出頭前に取調べへの対応方法を綿密にアドバイスしてもらうことができます。
そして,警察署へ出頭する際も同行して逮捕の必要がない旨の意見書を提出するなど,逮捕を避けるための活動を行ってもらうこともできるでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部では、初回の法律相談を無料で行っているほか、出頭同行サービスも受け付けております。
東京都文京区の盗撮事件で出頭をお考えの方は,出頭前に弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
警視庁冨坂警察署 初回接見費用:36,100円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.