盗撮行為で風俗トラブル?刑事事件化阻止には兵庫県西宮市対応の弁護士

2017-08-02

盗撮行為で風俗トラブル?刑事事件化阻止には兵庫県西宮市対応の弁護士

Aは,兵庫県西宮市内にある性風俗店において,Vから自分が性的サービスを受けている最中を盗撮しているところをV及び性風俗店にばれてしまった。
幸いにも兵庫県西宮警察署に通報されることはなく,話合いによる解決が提示されたが,Aは罰金として300万円を要求されてしまい,刑事事件化も避けたいが法外な罰金も払えないAは困ってしまった。
そこで,Aは,刑事事件の弁護活動を専門に行っている法律事務所を訪れ,弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

~盗撮行為で風俗トラブル?~

近年,スマートフォンなどにより容易に動画や写真の撮影が可能となったことから盗撮による「風俗トラブル」も多発しています。
これは,風俗店で自分が性的サービスを受けている最中を,隠し持っていたスマートフォンなどで盗撮したところ,盗撮が店舗側にばれてしまって高額な罰金を請求されるといったトラブルのことをいいます。
今回のAも,このような風俗トラブルを起こしてしまいました。

こうした風俗トラブルにおいて,性風俗店の店舗内などは「公共の場所」や「公共の乗物」にはあたらないため,各地方自治体の迷惑防止条例違反には当たらないと考えられます。
しかし,軽犯罪法違反(窃視の罪)に問われる可能性があるとともに,盗撮する目的で性風俗店に立ち入った場合には建造物侵入罪で処罰される可能性もあります。
軽犯罪法に違反した場合には,拘留(30日未満の身柄拘束)又は科料(1万円以下の金銭的罰則)の刑罰に処せられる可能性があります。
また,建造物侵入罪を犯した場合には,3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処せされる可能性もあります。

もっとも,今回のように警察などの捜査機関を介していない段階においては,被害者側との示談交渉により当事者同士で穏便に事件を終わらせることも可能です。
事件化阻止のために高額な金銭を支払ってしまうこともありますが,弁護士による示談書の作成,長く続く金銭要求の阻止などの,弁護士によって解決できることはたくさんあります。
ですので,このような示談交渉については,示談交渉などの刑事事件の経験豊富な弁護士にご依頼されることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は,刑事事件専門の弁護士であり,刑事事件にかかわる風俗トラブルについてのご相談も受け付けております。
兵庫県西宮市でお困りの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
兵庫県西宮警察署への初回接見費用:3万6,300円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.