横須賀市浦賀の盗撮事件で逮捕・起訴 執行猶予獲得を目指す刑事弁護活動

2018-07-08

横須賀市浦賀の盗撮事件で逮捕・起訴 執行猶予獲得を目指す刑事弁護活動

Aは、神奈川県横須賀市内の駅構内にて、前方を歩いていたV女のスカート内を、スマートフォンのカメラ機能を用いて盗撮行為をした疑いで、鉄道駅構内をパトロールしていた警察官により現行犯逮捕された。
神奈川県浦賀警察署へと連行され、取調べを受けることとなったAには、過去にも同じような態様による盗撮行為で、罰金刑の前科があることが判明した。
その後、Aは盗撮行為が神奈川県の迷惑防止条例違反にあたるとして、起訴されることとなってしまった。
慌てたAは、両親を頼り、神奈川県で刑事弁護活動に強いと評判の事務所の弁護士に、執行猶予獲得のための刑事弁護活動を依頼することにした。
(フィクションです。)

執行猶予とは、罪の重大さや前科の有無、反省状況等の事情を考慮して、裁判所の言い渡す有罪判決において、刑の執行を一定期間猶予する制度のことをいいます。
これは、無用の刑の執行を避け、犯罪者の自力更生の促進を求めるという点に積極的な意義があります。
執行猶予付き判決が言い渡されますと、その判決で定められた期間(法律によって、裁判確定の非から1年以上5年以下と定められています。)の刑の執行が猶予されます。
つまり、すぐには刑務所に入らずに済んだりできますので、今まで通りの日常生活を送りながら更生を図ることができるようになります。
そして、執行猶予が付された期間を無事に経過すると、その刑の言い渡しは効力を失うことになります。

自身の犯罪が起訴されてしまった場合、執行猶予獲得が可能かどうか、また、どのような弁護活動が具体的に必要なのかについてお困りな場合は、刑事事件を専門にする法律事務所の弁護士にご相談されることをお奨めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、執行猶予についての見通しのご相談、執行猶予獲得のための弁護活動のご相談も多く承っています。
刑事事件専門だからこそ、ご相談者様の不安を解消すべく、迅速な活動を行うことが可能です。
まずはお問い合わせ用フリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。
神奈川県浦賀警察署への初回接見費用:39,400円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.