愛知県で逮捕された盗撮事件の被疑者 少年審判でも弁護士

2016-04-06

愛知県で逮捕された盗撮事件の被疑者 少年審判でも弁護士

Aさんは、息子が盗撮事件で逮捕されたと愛知県警中川警察署から電話を受けました。
息子の気の弱い性格を心配したAさんは、刑事事件専門で盗撮事件の経験も豊富な弁護士に接見サービス(面会)をしてもらうことにしました。
面会後、名古屋駅近くの弁護士事務所弁護士から息子の様子や意向を聞き、ひとまず状況をつかむことができたAさんでした。
(フィクションです。)

【盗撮事件の少年審判】

盗撮事件の場合も含め少年事件の手続上、「審判」という用語は様々な意味で用いられます。
一般的には、期日での裁判官による審理及び判断の過程を言います。
なかなかなじみのないことですし、想像し難いかもしれませんが、成人が起こした刑事事件でいうところの、公判期日(裁判)のようなものです。
ただ、公判期日と全く一緒ではなく、例えば、審判は、成人事件とは異なり、原則非公開です。

少年事件における審判段階、つまり、審判開始決定から終局決定に至る一連の手続を指して「審判」と呼ぶこともあります。
刑事事件で言えば、起訴されてから判決が出されるまでと想像して頂ければよいでしょう。
あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、少年事件も専門としている弁護士事務所です。
盗撮事件の被疑者(容疑者)があいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(愛知県警中川警察署の初回接見費用:3万5000円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.