愛知県清須市の盗撮事件 無罪獲得を目指す弁護士

2015-09-15

愛知県清須市の盗撮事件 無罪獲得を目指す弁護士

愛知県清須市在住のAさんは、愛知県警西枇杷島警察署愛知県迷惑防止条例違反で逮捕されました。
愛知県警西枇杷島警察署によれば、Aさんは清須市内のアオキスーパーにおいて、カバンに仕込ませた小型カメラで女性を盗撮したそうです。
もっとも、Aさんは弁護士の的確な弁護活動により、無罪となりました。

この事件はフィクションです。

~盗撮・のぞき(覗き)にあたる場合~

盗撮・のぞき(覗き)をした場合、愛知県迷惑防止条例軽犯罪法によって処罰される可能性があります。
撮影やのぞき(覗き)の対象が児童であれば、児童ポルノ禁止法で処罰される可能性があります。

盗撮・のぞきと聞くと、人の裸や下着姿を撮影したり、のぞき見したりするような場合を考える方が多いと思います。
実際に、軽犯罪法児童ポルノ禁止法では条文から、そのような場合が盗撮・のぞきとして考えられていると思われます。
しかし、愛知県の迷惑防止条例では「衣服等で覆われている人の身体又は下着をのぞき見し、又は撮影」した場合に、刑罰が科されることになっています。
そのため、撮影やのぞき見をされた人が服を着ていて、下着が写っていない場合でも、盗撮・のぞきとして処罰される可能性があります。
具体的にどのような場合に刑罰が科されるかは、事件によって違いますが、相手が羞恥心や不安を覚える方法であれば、罰せられる可能性があります。

服を着た人を撮影し、盗撮の疑いをかけられてお困りの方は、評判のいい弁護士が所属するあいち刑事事件総合法律事務所までご相談下さい。
無罪を目指すなら刑事事件専門の弁護士に依頼することが肝心です。
初回相談は無料で承っております。
(愛知県警西枇杷島警察署 初回接見費用:3万5800円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.