岐阜県の盗撮事件 名古屋の刑事事件専門弁護士

2014-12-21

岐阜県の盗撮事件 名古屋の刑事事件専門弁護士

大阪市在住20代男性高校教諭Aさんは、岐阜県警高山警察署によって岐阜県迷惑防止条例違反盗撮)の容疑で逮捕されました。
同署によると、修学旅行中、ホテルの女性浴場の脱衣場に動画カメラを内蔵した置き時計を設置し、複数の女生徒の裸を撮影したようです。
Aさんは、「間違いありません」と容疑を認めているそうです。

今回の事件は、12月14日(日)朝日新聞の記事を基に作成しています。
ただし、地名、警察署名は変えてあります。

~盗撮事件でお困りの方は、刑事事件専門の弁護士事務所へ~

盗撮をしてしまった場合、刑事事件専門弁護士に相談すべきです。
理由は2つあります。

【その1】刑事事件に関する専門的なノウハウやスキルの習熟
刑事事件専門の弁護士には、刑事事件に関する専門的なノウハウやスキルがあります。
これらは、刑事事件専門の弁護士として、膨大な数の刑事事件を処理する中で蓄積され、磨かれてきたものです。
ですから、刑事事件専門の弁護士は、依頼者様のご相談を聞き取るだけで「今何をすべきか」が瞬時にわかります。
そして、すぐに弁護活動を開始することができます。
つまり、専門的なノウハウやスキルを持った刑事事件専門の弁護士だからこそ、依頼者様に心からご納得いただける弁護活動ができるのです。

【その2】常に刑事に関する最新の条文及び判例をアップデートすることが可能
刑事事件に関する法律は、日々改正されます。
法律の改正に伴い判例も変更されます。
このような法律の改正及び判例の変更を追うことには相当の努力が必要です。
刑事事件専門弁護士は、民事事件を扱う時間を法律の改正及び判例の変更に対応する時間とすることができます。
刑事事件専門の弁護士は、このようなアップデートを通して、よりプロフェッショナルな刑事事件専門弁護士になることができます。
弁護士だからといって、必ずしもあらゆる法律や判例に精通しているわけではありません。
刑事事件については、やはり刑事事件を専門に扱っている弁護士に任せるのが一番安心です。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、刑事事件を専門に扱っていますので、今述べた2つのメリットを兼ね備えています。
加えて、盗撮事件もたくさん扱ってきていますので、盗撮事件の弁護経験も豊富です。
盗撮事件でお困りの方は、お気軽に愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にご相談下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.