岐阜県の盗撮事件で逮捕 無料法律相談の弁護士

2015-02-11

岐阜県の盗撮事件で逮捕 無料法律相談の弁護士

Aさんは、岐阜県関市内で開かれた祭りの最中、ビデオカメラで小学生らを撮影していたところ、警察官から職務質問を受けました。
後日、「盗撮(岐阜県警迷惑防止条例違反)の疑いで岐阜県警関警察署へ出頭してもらう」と言われました。
Aさんは、盗撮するつもりなどなかったものの、逮捕されるのではないかと不安になってきました。
(フィクションです)

~盗撮事件で逮捕を回避する~

盗撮行為をした場合、たった一枚写真を撮っただけでも逮捕されることがあります。
逮捕されると、
・新聞やニュースなどで報道される危険性があります
・会社に出社できなくなり、事件のことを知られてしまうおそれが高まります
・逮捕に引き続き勾留された場合、最長で20日間身柄拘束されるため、周囲に知られてしまう危険性は更に高まります
・逮捕勾留中は、家族などと自由に会ったり、連絡を取ったりすることができなくなります
たった一度の過ちのために、人生が大きく変わってしまうかもしれません。

このような不利益を避けるためには、とにかく逮捕を回避できるよう対策を取ることが重要です。
逮捕前に弁護士に相談すれば、弁護士を通じて逮捕しないよう警察などに働きかけてもらうことができます。
また盗撮行為を疑われて警察に出頭する際には、弁護士と共に出頭することで逮捕のリスクを軽減できます。
さらに出頭前には、取調べ対応について弁護士から親切丁寧なアドバイスを受けられます。

まずは愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所へお電話下さい。
刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所ならではの対応で、依頼者の方をサポートします。
盗撮事件逮捕を避けたいという方は、ぜひ弊所の無料法律相談をご利用ください。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.