岐阜県の盗撮事件 逮捕直後に初回接見に赴く弁護士

2016-11-27

岐阜県の盗撮事件 逮捕直後に初回接見に赴く弁護士

Aさんは、岐阜県岐阜市の駅の構内で、女子高生のスカートの中を盗撮してやろうと、スカートの中に向けてスマートフォンを差し出して撮影をしていました。
それを目撃していた周囲の人から通報を受け、岐阜県警岐阜北警察署の警察官が現場に駆け付け、Aさんは迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕されてしまいました。
Aさんの家族には、警察から、Aさんが逮捕された、ということだけ連絡が来ましたが、Aさんが何で逮捕されてしまったのか、どのような状況なのかが全く分からず、混乱しています。
(※この事例はフィクションです。)

・盗撮について

盗撮の刑罰は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金であったり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金であったりと様々です。
また、その都道府県の多くでは、盗撮行為が常習的に行われていた場合、その刑罰が重くなることが定められています。
軽い気持ちでスマートフォンを向けてしまったとしても、盗撮は立派な犯罪です。
早期に刑事事件に強い弁護士に相談し、今後の方針を決めることが重要といえます。

・初回接見について

被疑者が逮捕された時、どのような犯罪を犯し、どのような状況で、これからどうなっていくのか、ということについて、ご家族は大変不安な思いを抱かれることと思います。
しかし、ご家族は、被疑者の逮捕時に警察からそこまで詳しいことは聞くことができません。
警察にも守秘義務等があるため、安易に被疑者の情報を漏らすことはできないからです。
このような場合、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士であれば、「弁護人となろうとする者」として、警察署に逮捕されている被疑者ご本人に会いに行くことが可能です(初回接見サービス)。
どのようなことをして逮捕されてしまったのか、今後どうやっていくのか、取調べはどのように受ければよいのか、様々なことについて、逮捕された方と相談し、ご家族にその様子をお伝えします。

盗撮事件でご家族が逮捕されてしまってお困りの方、初回接見サービスを利用したいと思っている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件専門の弁護士まで、ご相談ください。
また盗撮事件でも、初回無料相談を行っておりますので、まずは話を聞いてみたい、という方も、一度お電話ください。
(岐阜県警岐阜北警察署までの初回接見費用:4万3500円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.