春日井の盗撮事件 冤罪事件に対応する弁護士

2015-09-01

春日井の盗撮事件 冤罪事件に対応する弁護士

春日井市在住のAさんは、愛知県警春日井警察署迷惑防止条例違反の容疑で逮捕されました。
同署によれば、電車内で女性を盗撮したとのことです。
JR神領駅で被害女性と駅員に呼び止められ、そのまま警察に身柄を引き渡されました。

この事件はフィクションです。

~冤罪で逮捕されると~

冤罪」とは、無実の者が罪に問われることを言います。
盗撮の場合は、たまたまスマートフォンなどを利用していたために疑われ、逮捕されることがあります。
身に覚えのない罪で警察に逮捕されたときは、動揺し平常心で取調べを受けるなどということは困難でしょう。
そのため、思わず謝ってしまうことが十分考えられます。

しかし、謝ってしまうと、警察から犯人であると決めつけられ、逮捕・勾留といった身柄拘束が始まってしまうおそれがあります。
そして、身柄拘束が続けば、学校や勤務先に登校・出勤することができなくなり、たとえ後に冤罪と判断されても、退学や解雇のおそれがあります。
長期間の身柄拘束は、普段の生活に重大な影響を与えることが多いです。

~冤罪を避けるためには~

まずは盗撮をしていると疑われないように自己防衛することが大切です。
たとえば、エスカレーター・階段など盗撮が疑われやすい場所ではスマートフォンを使わないなど、対策をとるようにしましょう。
また、仮に冤罪で逮捕されてしまったら、早い段階で弁護士と相談し、しっかりと対策を考えることが大切になります。
たとえば、誤った供述調書を作成したり、盗撮などしていないにもかかわらず自白調書を作成したりしてしまわないように注意しましょう。
あいち刑事事件総合法律事務所では、これらの点も含めた取調べの受け方について弁護士が詳しくアドバイスしています。

ご本人、お知り合いの方が盗撮・のぞきの容疑で疑われてしまったような場合、刑事事件専門のあいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
冤罪事件を阻止すべく、刑事事件に精通した弁護士が万全の弁護活動を行います。
土日祝日も対応可能な初回相談は、すべて無料です。
(愛知県警春日井警察署 初回接見費用3万9200円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.