【神戸の刑事事件】盗撮事件で不起訴処分獲得の弁護士

2017-08-30

【神戸の刑事事件】盗撮事件で不起訴処分獲得の弁護士

電車内で女性のスカート内を盗撮したとして、兵庫県警須磨署は27日、県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸市須磨区の会社員の男(50)を現行犯逮捕した。
車内に居合わせた警察官がスマートフォンの不自然な位置に気づき、男を取り押さえたという。
逮捕容疑は27日朝、走行中の神戸市営地下鉄車内で、向かいの席に座る女性会社員(24)のスカート内をスマホを使って撮影した疑い。
(8/27(日) 13:46配信 神戸新聞NEXT)

~兵庫県での盗撮事件~

兵庫県盗撮は迷惑防止条例によって禁止されており、盗撮した者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。
また、兵庫県の迷惑防止条例では、公共の場所について盗撮目的でのカメラ設置も罰則をもって禁じられています。
同条例では、「公共の場所又は公共の乗物において」「他人を著しく羞恥させ、又は他人に不安を覚えさせるような方法で」「着衣等で覆われている他人の下着等を撮影し、又は撮影する目的で写真機等を向け、若しくは設置すること」が盗撮として禁止されています。
場所や乗物の公共性を満たすためには、利用者の不特定多数性が求められるため、タクシーや貸し切りバス等、利用者が特定される空間では公共性は満たされません。
また、「他人に不安を怯えさせるような方法で」とは、脅迫に至らない程度で、身体に対する危険を感じさせたり、心理的圧迫を与える方法であることをいいます。
盗撮の罰条は条例を定めている都道府県によって異なり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金の場合と、6ヵ月以下の罰金または50万円以下の罰金の場合とがあります。

検察官には、起訴裁量が与えられており、たとえ犯罪の疑いのある事件であっても、諸般の事情を考慮して不起訴処分とすることができます。
不起訴処分の獲得のためには、意見書の提出や検察官と面談であったりと、弁護士が早い段階でついていれば働きかけができることは多数あります。
逆に、弁護士が付くのが遅くなると、捜査や処分の方向が固まってしまったりと、不起訴処分に向けた働きかけが困難となる場合もあります。
実際の起訴猶予の判断にあたっては、前科前歴、計画性、被害の程度、示談、被疑者の年齢等、多数の事情が考慮されます。

神戸市盗撮事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
初回は無料の法律相談や、初回接見のご案内をさせていただいておりますので、詳しくは弊所のフリーダイヤル(0120-631-881)までお問い合わせください。
兵庫県警須磨警察署までの初回接見費用:36100円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.