東京都調布市の盗撮事件を前科を付けず解決~刑事事件に強い弁護士へ

2017-09-03

東京都調布市の盗撮事件を前科を付けず解決~刑事事件に強い弁護士へ

会社員Aは、東京都調布市内の駅のエスカレーターで盗撮行為をしました。
被害女性が盗撮行為に気がついたことで、駅員が通報し、Aは警視庁調布警察署の警察官によって逮捕されました。
Aは、このまま自分に前科が付いてしまうのかと不安に思っています。
(この話は、フィクションです。)

~盗撮事件における前科~

前科とは、起訴をされ有罪判決を言い渡された場合に付くことになります(ただし、法律で「前科はこういうものである」と決められているわけではないので、諸説あります)。
つまり、たとえ罰金刑であったとしても、前科が付くことになります。
前科が付いてしまうと、特定の職業に就くことが出来なくなるなどの不利益を受けることになります。

盗撮事件で起訴された場合は、多くは有罪判決を言い渡されるため、前科が付いてしまいます。
そのため、前科を避けるためには、起訴される前に、起訴されないように弁護活動をすることが重要になってきます。
不起訴処分を獲得することができれば、前科は付かず、前科による不利益も受けることはありません。
また、不起訴処分になれば釈放されるため、逮捕・勾留されていたとしても釈放され、日常生活にも戻ることができます。
前科を付けないために不起訴処分を目指すことをお考えであれば、早期に刑事事件に詳しい弁護士に相談することをお勧めいたします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の扱った事例の中には、盗撮事件で不起訴処分を獲得し、前科を回避した事例も多くございます。
盗撮事件にお悩みの方や、前科を回避したいとお考えの方は、まずは弊所の刑事事件専門の弁護士まで、ご相談ください。
初回の相談は無料ですから、前科回避のための活動にどのようなものがあるか聞いてから考えたい、という方にもご利用いただけます。
まずはお電話にて、相談のご予約をお取りください(0120-631-881)。
警視庁調布警察署までの初回接見費用:3万7,300円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.