神戸の盗撮事件で逮捕 釈放の弁護士

2015-12-02

神戸の盗撮事件で逮捕 釈放の弁護士

Aさんは、電車内でスマートフォンで画像を見ていたところ、隣にいた女性に盗撮犯と間違われました。
Aは駆けつけた警察官に逮捕されてしまいました。
兵庫県警生田警察署に連れていかれたAは、スマートフォンに盗撮の画像が残っていないとのことで釈放されました。
その後、警察からまた呼び出しがあるかもしれないということで、弁護士の法律相談を受けることにしました。
Aさんが訪れたのは、刑事事件を専門とする法律事務所でした。
(これはフィクションです。)

~スマートフォンと盗撮~

最近は、カメラ付き携帯が普及してきました。
またどの人も電車内でスマートフォンの画面を見ています。
こうした社会状況の中で増えてきたのが、盗撮犯に間違われてしまうことです。
スマートフォンの画面を見て笑っていたり、鞄を不自然な形で持っていたりしていると不審に思われるようです。

もっとも、盗撮事件では、痴漢事件などと違い、画像などの証拠が残っていることが多いです。
そのため、盗撮画像などの証拠が残っていない場合には、犯行の立証が難しいとして釈放される可能性が高いと言えます。
ですから、盗撮などしていないにもかかわらず、盗撮犯に間違われてしまった場合は、落ち着いて証拠がないことを訴えましょう。
もし言い分が受け入れられないなら、ぜひ盗撮事件に強い弁護士にご相談下さい。

盗撮事件弁護士を探すなら、まずはあいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
弊所は、刑事事件・少年事件に特化した全国でも珍しい弁護士事務所です。
弊所にご相談いただければ、刑事事件に精通した弁護士釈放に向けて適切なアドバイスをいたします。
盗撮事件の経験豊富な弁護士による真摯な対応で、依頼者の不利益を最小限に食い止めます。
(兵庫県警生田警察署の初回接見費用:3万7300円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.