京都で盗撮事件 現行犯逮捕に強い弁護士

2015-08-26

京都で盗撮事件 現行犯逮捕に強い弁護士

JR二条駅構内において、会社員の女性がスカート内を盗撮されるという事件が起こったと京都府中京警察署は連絡を受けた。
そこで、二条駅へ向かうと、そこには容疑者として30代の会社員Aがいた。
Aは女性の質問を振り切り立ち去ろうとした際、Aの盗撮行為を見ていた周りの人に現行犯逮捕されたらしい。
知らせを聞いたAの妻は、弁護士事務所弁護士に相談へ行った。
(フィクションです)

【盗撮事件の場所】
駅内のエスカレーター・階段などは、盗撮行為が比較的多く行われている場所です。
エスカレーターや階段での盗撮事件の検挙率は、盗撮事件全体の約28%に及びます(平成25年警察白書)。
「盗撮された」と言われて思いつく場所として、真っ先に思い浮かぶのが「エスカレーター」や「階段」と言う人も多いでしょう。
これは、TVなどで皆さんが見たことがあるからかもしれません。
しかし、盗撮は、ほかにも、商業施設や書店、バスや電車内でも多く行われています。
エレベーターのみに気を付けている方は、注意が必要です。

【現行犯逮捕】
さて、上述の例では、刑事でない者が、容疑者の身柄を拘束しています。
これは、現行犯逮捕として可能となっているのです。
現行犯逮捕とは、「現に罪を行い、又は現に罪を行い終わった者」(刑訴212条1項)に対する逮捕のことをいいます。
例えば、上記例のように、自分の目の前で犯罪(盗撮行為)が行われた場合などでは、一般の方でも容疑者を逮捕することができます。

もっとも、盗撮事件の場合、犯行の証拠が見つからないことも多くあります。
なぜなら、写真のデータなどは、すぐに消せるからです。
そこで、重要となってくるものの証拠の一つとして、目撃者の証言が挙げられます。
しかし、目撃者は人ですから、記憶違いや見間違いなども起こりえます。
今回、Aが犯行を行ったとして現行犯逮捕していますが、もしかしたら、携帯をいじっていたのを盗撮と勘違いしてしまったのかもしれません。
このような場合には、弁護士に依頼すべきです。
弁護士にご依頼いただけますと、このような目撃者の証言の記憶違いなどを適切に指摘し、誤った現行犯逮捕であったことを主張します。
そして、被疑者の潔白を主張します。

京都の盗撮事件でお困りのかたは、あいち刑事事件総合法律事務所の現行犯逮捕に強い弁護士にご相談ください。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.