京都府の盗撮事件で逮捕 否認の弁護士

2016-12-05

京都府の盗撮事件で逮捕 否認の弁護士

Aさんは京都府警宇治警察署の警察官に盗撮容疑で逮捕されました。
しかしAさんは、自分は盗撮行為はしていないと否認を続けています。
何日も警察に身柄を拘束されたままなのを心配したAさんの家族が、盗撮事件評判のいい弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

上記の弁護士と同じような状況になった場合は、依頼者に、盗撮行為をしていなくても被害者と示談をしておくことをお勧めすることがあります。
それは、無罪が認められない場合に備えておくのに重要になってくるからです。
盗撮をしていないことを否認し続けると、警察は証拠隠滅のおそれがあるとして身柄を拘束し続けます、
さらに起訴されてしまう可能性も高まります。

起訴されるとほぼ有罪になるのが現状です。
無罪を目指しながら、備えとして示談をしておくことも、今後のために有益であるといえます。
示談の内容としては、盗撮事実を認める条項を入れないで示談交渉することも可能です。
盗撮行為を否認しているときこそ、盗撮事件に強い弁護士に相談することの重要性が増します。

あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件のみ扱う弁護士が初回の無料相談から担当します。
無罪を目指して、信頼できる弁護士を探しているという方もぜひお待ちしております。
盗撮事件でお困りの方は、すぐに相談予約のお電話ください。
(京都府警宇治警察署の初回接見費用:3万6500円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.