三重県の盗撮事件 マスコミ報道に優れた弁護士

2015-01-05

三重県の盗撮事件 マスコミ報道優れた弁護士

Aさんは、JR近鉄四日市駅のエスカレーターで女性のスカートの中を盗撮したとして、三重県迷惑防止条例違反容疑で三重県警四日市南警察署逮捕されました。
Aさんは容疑を認め、送検後に釈放されました。
また、女性との間で示談が成立しています。
その後、Aさんは、減給処分を受け、依願退職しました。
(フィクションです)

~盗撮事件・のぞき事件の公表を回避するためには・・・~

盗撮事件・のぞき事件を起こしてしまうと、刑罰等による刑事責任が問われる他に、
・会社や勤務先から依願退職を勧められたり、懲戒免職や解雇、停職などの重い処分が下される
・盗撮事件・のぞき事件が周囲に知られていることで住居に住みづらくなる
など、社会的な事実上の制裁を受けるなどの可能性があります。

このような不利益が生じるのは、盗撮事件・のぞき事件のことを周囲の人に知られてしまうからです。
事件のことを周囲の人に知られる原因の一つとして、マスコミによる報道があります。
そこで、盗撮事件・のぞき事件を始めとする刑事事件においては、弁護士を通じたマスコミ対策も重要になります。
例えば事件の報道を避けるために、弁護士を通じて警察へ事件を公表しないようお願いします。
弁護士を通じてお願いの書面を差し入れることにより、報道を避けることができる場合もあります。
加えて、弁護士に相談することで、家族や会社への適切な報告の仕方や対応等の対策を受けることもできます。

なお、事件を秘密にするためには、被害者に謝罪の意思を示し、示談を締結することで、
・事件化させない
・不起訴にする
ことも対策として有効です。

盗撮事件・のぞき事件を起こしてしまい、事件のことを公表されたくない場合は、すぐに弁護士に相談し、対応を考えることが重要です。
盗撮事件・のぞき事件で周囲に知られたくない、事件を秘密にしたいとお考えなら、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.