名古屋の盗撮事件 減刑に強い弁護士

2015-01-31

名古屋の盗撮事件 減刑に強い弁護士

Aさんは名古屋市東区にある喫茶店でVさんのスカートの中をスマートフォンで盗撮しました。
Aさんは愛知県警東警察署逮捕され、今は検察官がAさんを起訴するかしないか検討しています。
(フィクションです)

~刑事事件における示談の役割~

被害者のいる刑事事件では、検察官が不起訴処分をする場合、当事者間における示談成立の有無が重視されます。
たとえ起訴されたとしても、裁判官が量刑判断の場面で示談の有無を重視します。
そのため、起訴されないこともあり、また起訴されても刑が軽くなったり、執行猶予がついたりすることがあります。
これは、刑事事件といえども、被害者の意向に沿った解決をすることが望ましいからです。
そのため、刑事事件であっても示談を成立させておくことは、とても重要なことになります。

盗撮事件において、
・不起訴処分を獲得し早期に事件を終了させたい場合
・刑を軽くしたい場合
・執行猶予を付けたい場合
は示談に強い弁護士に示談交渉をしてもらいましょう。

盗撮事件示談交渉をしてもらいたいという場合は、盗撮事件に強い刑事事件専門の弁護士に相談することをおすすめします。
感情的になっている被害者の方との示談交渉を多く経験しており、また盗撮事件特有の示談交渉の進め方も熟知しているからです。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、刑事事件・少年事件のみを扱う法律事務所です。
今までにたくさんの示談交渉に裏付けられた豊富な示談交渉のスキル・ノウハウを持っております。
盗撮事件で示談したい方は、ぜひ1度弊所にご相談下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.