名古屋の盗撮事件 無罪に強い弁護士

2014-12-16

名古屋の盗撮事件 無罪に強い弁護士

Aさんは、スマートフォンを操作しながら書店で本を探していました。
「私のこと盗撮したでしょ?」Aさんに盗撮されたと思ったVさんは、Aさんに聞きました。
Aさんは身に覚えがなかったため「盗撮なんかしていない」と否定したものの、今後のことが心配になり弁護士に相談しました。
(フィクションです)

~盗撮事件において無罪を争う方法~

近年、盗撮事件の検挙件数が増加しているそうです。
主な要因としては、スマートフォンなど、身近なツールで盗撮できるようになったことが挙げられます。
また「無音アプリ」という音を出さずに写真撮影できる携帯アプリが開発されたことも、この状況に拍車をかけているようです。
このように盗撮事件の検挙件数が増加する一方で、盗撮冤罪事件のリスクも増加しています。
実際にスマートフォンを持っていただけで、盗撮の犯人と決めつけられてしまった場合もあります。
Aさんも盗撮犯人と疑われた人の一人です。

身に覚えのない罪で刑事責任を問われることを「冤罪事件」と言います。
冤罪事件」は、何ら非難されるいわれのない人の人生を大きく変えてしまう恐ろしいものです。
身に覚えのない盗撮事件で逮捕される可能性も否定できません。
今回は、「冤罪」を回避し、無罪判決を獲得する方法をご紹介したいと思います。

・自白調書を取らせない
自白調書とは、取調べ中に盗撮犯と疑われている本人が罪を認めたことを証明する文書のことです。
これは、容疑者に対する刑事処分を決定するにあたって非常に重要な証拠になります。
そして、一旦自白調書が作成されてしまうと、仮にその自白が虚偽だったとしても、それを覆すことは、容易な事ではありません。
ですから、無罪を目指す場合には、まず第一に自白調書を取らせないことが重要になります。

逮捕された場合、留置施設などに身柄を拘束され、その間取調べを受けます。
その取調べは、連日朝から晩にかけて行われる場合もあり、取調べを受けている方は、身体的にも精神的にも辛い立場になってきます。
そのような状況では自暴自棄になることも考えられ、つい「私が盗撮しました」と虚偽の自白してしまうことも考えられます。

虚偽の自白は、冤罪への第一歩です。
弁護士から詳しく指示を受け、適切な取調べ時の対応を把握しておくことが大事です。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は刑事事件・少年事件を専門に取り扱っている法律事務所です。
盗撮事件で疑いをかけられた方は、まず愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にご相談下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.