名古屋の盗撮事件で逮捕 示談に強い弁護士

2015-03-21

名古屋の盗撮事件で逮捕 示談に強い弁護士

Aさんは、名古屋市熱田区にある熱田神宮盗撮事件を起こしたとして愛知県警熱田警察署取調べを受けていました。
Aさんが愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所法律相談に来たのは、取調べの後です。
法律相談の際、Aさんは「警察官から被害者がわからないと言われた。罪に問われるのか?」と弁護士に尋ねました。
(フィクションです)

~被害者不明でも罪に問われる?~

盗撮事件では、必ず盗撮被害者が存在します。
しかし、盗撮事件後、いったい被害者はどこの誰なのかわからないというケースがあります。

こうした場合、盗撮被害者が名乗り出ない以上、罪に問われる可能性がないのかというと、そうわけではありません。
例えば、
・目撃者の証言
・防犯カメラの映像
・犯行に用いられたスマホに保存された盗撮画像
などから、盗撮の事実が明らかな場合には罪に問われる可能性があります。

したがって、被害者が特定されないからといって、安心することはできません。
むしろ、被害者がわからないという状況の方が、ピンチとも考えられます。
なぜなら、盗撮事件のような被害者がいる刑事事件において最も基本的な弁護活動である示談交渉ができないからです。

盗撮事件の初犯の場合、示談が成立すれば、不起訴処分で終わる可能性が非常に高まります。
しかし、それができないのです。
これは、大ピンチです。

~示談ができないときもまずは弁護士に相談~

上記のような状況では、もはや打つ手がないと思うかもしれません。
素直に取調べを受けて、後は検察官の判断を待つしかないと思うかもしれません。
しかし、その前にまずは弁護士に相談してみましょう。
示談ができなくても、反省の気持ちや二度と盗撮事件を起こさないという決意を示すことができれば、不起訴処分の可能性があります。
例えば、
・被害者が受け取らなくても、謝罪文を書く
・盗撮癖を矯正するように然るべき治療を受ける
・カメラ付携帯を解約する
・贖罪寄付をする
などといった対応が考えられます。

実際どういった対応を取るのが適切かは、具体的な事案の内容にもよります。
困った時には、やはりその道のエキスパートに聞くのが一番です。
お一人で悩まず、まずは弁護士に話しだけでも聞いてみるといいかもしれません。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、盗撮事件で困っている方のために初回無料相談で対応しています。
契約意向でなくても構いませんし、不安だから話だけでも聞いてほしいという場合でも大丈夫です。
まずは気軽にお電話下さい。
なお、愛知県警熱田警察署に逮捕・勾留されている場合、初回接見費用3万5900円で初回接見サービスが利用できます。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.