名古屋の盗撮事件で逮捕 示談を成立させる弁護士

2015-07-19

名古屋の盗撮事件で逮捕 示談を成立させる弁護士

会社員Aさんは駅構内の階段で、女子高生のスカートにスマートフォンを差し入れ、動画を撮影したとして愛知県警中川警察署逮捕されました。
Aさんは「間違いありません。」と容疑を認めているそうです。
(フィクションです)

~盗撮事件で示談を成立させるには~

実際に盗撮をしてしまった盗撮事件で不起訴獲得に一番の決め手になるのは示談です。
示談を締結して被害弁償をして被害者から許してもらうことは、前科がない場合ならほぼ不起訴になるといえるほど非常に大きな意味を持ちます。

しかし、被疑者本人と盗撮被害者が,直接示談交渉をすることは極めて困難です。
盗撮のような性犯罪の場合には,犯人に対する被害感情が厳しいことが多く、被疑者本人と被害者が直接示談交渉すると、事件の解決をかえって難航させてしまう危険性があります。
そこで、公正・公平な立場から示談交渉に臨むことのできる弁護士示談交渉に関わることが事件解決に向けて重要となります。

弁護士示談交渉に臨む場合、被害感情に配慮して慎重に誠意をもって示談交渉を進めます。
被害者からすれば、加害者側の弁護人が示談交渉を持ちかけてきたとしても心情的に受け入れられないこともあります。
また、「加害者は心から反省しているのか」「加害者は事件後どのように生活しているのか」「加害者から逆恨みされていないか」など示談をためらってしまう感情を抱いていることもあります。

そのように示談をためらっている被害者には、状況に応じて被疑者の謝罪文を渡したり、事件の原因・状況、被疑者の生活状況や反省状況を真摯に伝えるなどして、示談に際して被害者が抱いている不安な感情を解消し、示談獲得を目指します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、示談を多数成立させてきました。
盗撮事件で示談をお考えの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご連絡下さい。
なお盗撮事件で愛知県警中川警察署に逮捕された場合、初回接見費用は3万5000円です。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.