名古屋の盗撮事件で逮捕 再犯に強い弁護士

2015-07-06

名古屋の盗撮事件で逮捕 再犯に強い弁護士

Aさんは、他人の住居に侵入して盗撮をしていたとして愛知県警中警察署逮捕されました。
容疑は、住居侵入及び愛知県迷惑防止条例違反(盗撮)です。
取調べでAさんは「性衝動を抑えられず、何度も盗撮してしまった」と話しています。
(フィクションです)

~盗撮事件の再犯を防止するために・・・~

弁護士が依頼を受けた場合、相談を受けた事件を解決することは、最低限の弁護活動です。
被害者との示談交渉や刑事裁判での弁論は、どの弁護士も当たり前のようにこなしているでしょう。
ただ、真の事件解決という点から考えた場合、果たしてそれで十分といえるでしょうか。

あいち刑事事件総合法律事務所では、依頼を受けた刑事事件の解決に加えて、再犯の防止にも力を入れています。
例えば、依頼者の精神的な障害が犯行のきっかけになっている場合、適切な医療機関をご紹介しています。
また家族一丸となって更生を目指せるような環境が必要な場合、家族間の信頼関係を再構築するお手伝いをすることもあります。

盗撮などの性犯罪は、再犯の可能性が高い犯罪類型です。
盗撮を繰り返してしまう方のお話を聞いていると、自分の意思だけではどうにもならない状態になってしまっている場合も多いです。
1回目・2回目の逮捕で深く反省したつもりだったのに、それでも繰り返してしまうようです。
盗撮の再犯を回避するには、こうした強い依存性が大きな特徴であることをしっかりと認識していかなければなりません。

「また盗撮行為をしてしまった」とあきらめる前に、一度弁護士に相談してみませんか。
盗撮事件に強い弁護士は、様々な事例を通じてたくさんの再犯阻止メソッドを獲得しています。
あいち刑事事件総合法律事務所は、盗撮事件でも無料法律相談で対応できます。
もし警察に逮捕されてしまっても、留置場で弁護士と法律相談することができます(初回接見)。
愛知県警中警察署に逮捕されたという場合は、初回接見費用が3万5500円になります。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.