名古屋の盗撮事件で逮捕 捜査に強い弁護士

2015-05-10

名古屋の盗撮事件で逮捕 捜査に強い弁護士

Aさんは、名古屋市中区にある栄駅近くの信号交差点でスマホを操作していました。
その際、パトロール中であった愛知県警中警察署の警察官から盗撮の疑いで職務質問を受けました。
特にやましいことはないものの、突然のことに動揺してしまったAさんは、その場から逃走しました。
(フィクションです)

~盗撮事件の捜査開始~

盗撮の容疑をかけられた場合、必ず逮捕されるというわけではありません。
逮捕以外の方法で捜査が行われるケースとして、「任意同行」のケースが挙げられます。
逮捕とは異なり、被疑者の自由な意思に基づいて警察署などに連行されることを言います。
任意同行の場合は、あくまで被疑者の任意で警察署に行くわけですから、それを拒むこともまた被疑者の自由です。

しかし、一方で任意同行を求める警察官らも何かしら犯罪の疑いを持っているからこそ、任意同行を求めているわけです。
とすれば、犯罪検挙などの目的を果たせるよう、警察官などに対してある程度の裁量を認める余地があるとも考えられます。
任意同行が被疑者の任意に基づいて行われるからといって、被疑者が拒む以上一切任意同行は認められないとするのはどうかという話になります。
ただし、やはり原則としては、被疑者の意思を優先しなければなりません。

こうしたことから、警察官は任意同行としていかなる範囲で行為することが許されるのかという点が重要な問題になります。
法律上、任意同行として許されない行為をしていれば、それは違法捜査として、その後の刑事事件手続きに影響を与える可能性があります。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、盗撮事件任意同行に関するアドバイスも可能です。
警察から任意同行を求められたという場合には、同行を拒否して事務所に無料法律相談にお越しいただいても結構です。
もしできなければ、ご家族の方などが代わりに法律相談をするという形での対応も可能です。
なお、愛知県警中警察署に逮捕されたという場合には、初回接見サービスをお勧めします(初回接見費用:3万5500円)。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.