名古屋市の法律事務所 2度目の盗撮事件に強い弁護士

2016-02-21

名古屋市の法律事務所 2度目の盗撮事件に強い弁護士

Aは、「ご主人が、今朝、現行犯逮捕されました」と愛知県警瑞穂警察署から連絡を受けました。
警察によると、Aの夫は、通勤途中のバス内でBに対して盗撮行為をしたとのことです。
Aの夫は、以前にも、盗撮事件で捜査を受けたことがあります。
愛知県迷惑防止条例違反事件で検挙されるのは、これで2度目です。
Aは、盗撮事件に強い弁護士に無料相談するつもりですが、刑事罰を受けることもやむを得ないと諦めています。
(フィクションです)

~2度目の愛知県迷惑防止条例違反事件~

上記の事例について、具体的な刑事処分の可能性を検討してみたいと思います。
確かに、2度目の盗撮事件という事情は、刑事罰に少なからず影響を与えるでしょう。
仮に1度目は、刑事罰を免れていたとしても、今回ばかりは、刑事罰が下されることを覚悟しなければならないと考えられます。

ただし、刑事罰を避けることが難しいとしても、それで終わりとするのは時期尚早です。
盗撮事件で問題となる刑事罰には、罰金・懲役があります。
そして、罰金・懲役が科されたとしても、その金額や期間の長さにつき違いがあります。
さらに、実刑になるか、執行猶予になるかという違いがあります。

2度目の盗撮事件ならば、懲役刑を科されても執行猶予が付けられる可能性が十分に考えられます。
また金額は、高くなるでしょうが、罰金刑で終わる可能性もあるでしょう。
・懲役刑になるか、罰金刑にとどまるか
・(懲役刑が科されたとして)執行猶予が付くか付かないか
これらの点は、その後の本人の生活やご家族の生活に大きな影響をもたらす重要な問題です。

弁護士事務所の中には、無料で事件の見通しを教えてくれるところがあります。
愛知県迷惑防止条例違反事件でも、弁護士に法律相談してみることに越したことはありません。
あいち刑事事件総合法律事務所でも無料法律相談を受け付けています。
盗撮事件に精通した弁護士が、事件の見通しや弁護士費用、今後のアドバイスなど、事件に関する疑問・質問なら何でもお答えします。
名古屋市の盗撮事件なら、あいち刑事事件事件総合法律事務所です(0120-631-881)。
(愛知県警瑞穂警察署の初回接見費用 3万6200円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.