名古屋市の盗撮事件で逮捕 被害届取り下げに強い弁護士

2016-10-02

名古屋市の盗撮事件で逮捕 被害届取り下げに強い弁護士

通勤途中のAは、名古屋市中村区内の駅構内で、盗撮を行った。
Aの犯行を目撃していた駅員は、Aに声をかけ事務所に同行するよう求めた。
事務所内で携帯電話の盗撮画像が確認されたため、Aは現行犯逮捕され、愛知県警中村警察署で留置されることとなった。
その後、事件の長期化を防ぎたいAは、盗撮事件に強い弁護士に相談したいと思ったが、現状ではどうすることもできない。
(フィクションです。)

盗撮事件逮捕された後でも、被害届が提出されると、刑事裁判にかけられやすくなります。
なぜなら、被害者が加害者を処罰することを望んでいるという意思が明らかになるからです。
反対に、被害届が出されてしまっても、取り下げられれば、被害者は処罰を望んでいないということが明らかになります。
ですので、被害届が取り下げられると、刑事裁判にかけられること、前科が付いてしまうことを防ぎやすくなります。

被害届を取り下げてもらうには、被害者と交渉を行い、取り下げの意思を警察、検察等に伝えてもらわなければなりません。
しかし、盗撮事件の加害者が被害者と話をしようとしても、なかなか会ってもらうことすらできません。
たとえ、会って話をできたとしても、被害感情から冷静に話をすることが出来ず、最悪の場合さらに関係を悪化させてしまうことすら考えられます。

一方、第三者である弁護士が間に入れば、弁護士が緩衝材となることで、話し合いをスムーズに進めることができるようになります。
特に、刑事弁護に強い弁護士が、示談において、被害届取下げの交渉を行うことで、被害者の被害感情をうまく解消しやすくなります。
すると、やり場のない被害感情を取り除かれた被害者は、被害届を取り下げてくれる可能性が高まります。
あいち刑事事件総合法律事務所では、被害者との交渉がうまくいかない盗撮事件でも、着実に解決へ導いていきます。
(愛知県警中村警察署の初回接見費用:3万3100円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.