京都府の盗撮事件で示談 逮捕されても実刑を避けたいなら弁護士

2016-10-06

京都府の盗撮事件で示談 逮捕されても実刑を避けたいなら弁護士

大阪市西淀川区在住のAは、勤め先の会社内で盗撮を行ったとして京都府警警察署に逮捕されてしまった。
素直に罪を認めたAは逮捕後いったん釈放されたが、複数の前科があるため、今度起訴されたら実刑になってしまう恐れがあった。
そこで、不起訴処分になったり、たとえ刑事裁判になっても執行猶予判決が得られるよう弁護士をたてることにした。
Aが事件を依頼したのは、刑事事件を専門に扱う弁護士が多数所属する、盗撮事件に強いと評判のあいち刑事事件総合法律事務所だった。
(フィクションです。)

示談を成立させることは、刑事実務上被疑者にとって有利に働きます。
例えば、被疑者にとって有利な示談が成立すると、
・本来起訴される可能性が高い事案でも不起訴となる
・有罪判決を受けるときでも通常実刑となる可能性が高いものが執行猶予となる
というケースがあります。
また、なかなか得られない再度の執行猶予等有利な判決を受けられる可能性を高めることも可能です。

しかし、盗撮事件のような被害者の被害感情が強い事件では、示談自体が難しくなってまいります。
示談を成立させることができても、被害届の取り下げ等被疑者にとって、より有利な内容の示談を成立させることは至難の業です。
ですが、刑事事件を専門に扱い多数の示談を手掛けてきた弁護士が、示談交渉を担当すれば、少しでも有利な示談の可能性を高めることができます。
どうしても、実刑を避けたい、示談の成立を強くお求めの方は、盗撮事件に関する弁護実績が豊富なあいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。
盗撮事件に関する無料相談、初回接見も24時間365日体制で予約受付中です。
(京都府警中京警察署への初回接見費用:3万4800円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.