奈良県の迷惑防止条例違反で逮捕 在宅事件で頼れる弁護士

2017-01-14

奈良県の迷惑防止条例違反で逮捕 在宅事件で頼れる弁護士

奈良県在住のAさんは、商業施設のエスカレーターでVさんのスカート内を盗撮してしまいました。
巡回中の警備員に見つかり、Aさんは奈良県迷惑防止条例違反の盗撮の容疑で、奈良県警高田警察署逮捕されてしまいました。
数時間の取調べを受けた後、Aさんは釈放されました。
そこで、Aさんは盗撮事件に強い弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

~在宅事件~

迷惑防止条例違反の盗撮の容疑で逮捕されてしまった場合、Aさんのように取調べ後に釈放されることも少なくありません。
反省していたり、罪を認めていたり、被害者の処罰感情などによっては身柄拘束を解かれることがあるのです。
しかし、釈放されたからといって盗撮事件が終わるわけではありません。
警察は被疑者の身柄拘束をしないまま、捜査を続けることになります。
ですので、釈放されたらすぐに弁護士に相談することが重要です。

在宅事件となった場合、警察から取調べ等のために出頭要請の連絡が来ることになります。
それに応じて指定日時に取調べ等の捜査を受けるということになります。
盗撮事件の内容によっては複数回呼ばれることもあります。
呼出しがあるごとに、きちんと弁護士と相談して取調べに臨むのがベストでしょう。

また、弁護士はこの間に被害者との示談交渉を進めることになります。
被疑者が勝手に直接会いに行ったりしてしまうと、被害者の感情を逆なでしてしまうこともあります。
場合によっては再び逮捕されてしまう可能性もありますから、慎んでください。

在宅事件は勾留されている迷惑防止条例違反のケースとは異なり、厳しい時間的制約がありません。
だからこそ、綿密に弁護方針を固め、盗撮事件が大きくなってしまう前に解決することもできるのです。
そして、そのような活動を効果的にすることができるのは、やはり専門の弁護士でしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は盗撮事件を含む刑事事件専門の法律事務所です。
専門だからこその確かな実績とノウハウがあります。
在宅事件を早期に解決に導いてきた弁護士も在籍しております。
迷惑防止条例違反でお困りの方は、すぐに弊所の無料相談をご利用ください。
逮捕されてしまった場合には初回接見サービスにより、スムーズに弁護活動をスタートさせることも可能です。
(奈良県警高田警察署 初回接見費用:3万9400円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.