大阪の盗撮事件 被害者対応で評判のいい弁護士

2015-09-03

大阪の盗撮事件 被害者対応で評判のいい弁護士

大阪市都島区に住む会社員Aは、通勤途中のバス内で女子高校生Vのスカート内を盗撮したところ、Vに盗撮を気付かれてしまった。
そのときは、特に何もなかったが、
「Vによって大阪府都島警察署被害届などが出されたら、会社にばれてしまうかもしれない。そうなったら、クビになるかもしれない…」
と不安になり、刑事事件評判のいい弁護士に相談へ行った。
(フィクションです)

【会社にばれたくない…】

もし盗撮をしてしまった場合には、被疑者が心配になるのは、
「会社にこのことがばれたら、クビになってしまう」「家族や親戚に知られたらどうしよう」
ということでしょう。

被害届などが出されて事件化し、逮捕されてしまうと、身体拘束がされてしまいます。
ですから、会社を長期間休むことになります。
とすれば、会社も違和感を感じ、休んでいる理由を調べ始めるかもしれません。
そうなることを防ぐためには、まず、事件化すること自体を防ぐ必要があります。

また、被害者又は警察署が、直接会社等に電話をするようなことがあれば、盗撮事件が発覚してしまいます。
会社等に電話などをしなくとも、事件を警察が公表することで、報道機関に盗撮事件を報道され、事件が発覚する可能性もあります。

【これらの事態を防ぐには…】

事件化自体を防ぐためには、事件化される前に、被害者の方との示談をするということが有効です。
示談をすることで「この件については被害届を出さない」と約束してもらい、事件化することを防ぐことができます。
また、前述した事件発覚の可能性にかんがみると、被害者や警察が直接会社へ電話などをしないように対策を取る必要性もあると言えます。
弁護士を通じてお願いの書面を差し入れる」、「警察が事件を公表しないようにお願いの書面を差し入れる」ことによって、防ぐことが可能です。

SNS等も普及している現在、一度、情報が回ってしまえば、事態の収拾をすることは非常に困難です。
情報が出回る前に、すぐ何らかのアクションを起こさなければならないのです。
早く対応したいという方ほど、刑事事件専門弁護士に事件を依頼するメリットがあります。
大阪の盗撮事件でお困りの方は、刑事事件専門のあいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご連絡ください。
(大阪府都島警察署 初回接見費用:35500円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.