大阪市の盗撮事件で逮捕 接見(面会)に強い弁護士

2015-06-29

大阪市の盗撮事件で逮捕 接見(面会)に強い弁護士

小学校教員のAさんは、休日に訪れた書店で女性店員のスカートの中を盗撮しました。
防犯カメラに残っていた画像からAさんの盗撮が発覚し、Aさんは大阪府警此花警察署逮捕されてしまいました。
Aさんの両親は、Aさんに前科がつくのではないかと思い盗撮事件に強い弁護士に相談に来ました。

(フィクションです)

~弁護士と接見することの重要性~

逮捕勾留された場合、被疑者は取調べを受けることになります。
この取調べの結果が、犯罪の成否や量刑の判断に大きくかかわってきます。
ですから、もし取調べの際に不利な供述をしてしまった場合には、不利な事実認定がなされてしまう可能性があります。
家族や大切な方が盗撮事件で逮捕勾留された場合は一刻も早く評判のいい弁護士を警察署に派遣し、取調べに対するアドバイスをうけさせてあげるべきです。

身体を拘束されている被疑者・被告人に弁護人などが面会することを接見といいます。

被疑者・被告人の親族や友達が接見する場合をまず考えてみましょう。
刑事訴訟法上、被疑者・被告人は、留置施設にいながらも親族の人などと話をすることができます。
そのため、被疑者・被告人は、親族などと話し会うことにより一定の安心感を得られます。
しかし、弁護士以外の人との接見は、様々な制限がつきます。
警察官が立ち会っての面会となり、話す時間が限られています。
また、親族などの接見の場合、被疑者・被告人が法律的に的確なアドバイスを受けることは、難しいでしょう。

そこで、弁護士との接見をおすすめします。
弁護士であれば警察官の立ち合いなく接見することができますし、取調べへのアドバイスができます。

被疑者・被告人が身柄拘束されている場合には、接見に強い弁護士に接見の依頼をすることをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門に扱っているため、数多く接見を行ってきました。
接見に関する知識・ノウハウをたくさん保有しています。
盗撮逮捕された方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご連絡ください。
なお、大阪府警此花警察署に逮捕されたという場合は、弁護士を警察署に派遣できる初回接見サービスをご依頼ください。(初回接見費用:3万5100円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.