大阪市の盗撮事件で逮捕 前科を回避する法律事務所の弁護士

2017-01-06

大阪市の盗撮事件で逮捕 前科を回避する法律事務所の弁護士

大阪市に住むAさんは、仕事上のストレスから盗撮事件を起こし、大阪府警大淀警察署の警察官に逮捕されました。
盗撮行為は、女子高生の制服のスカート内を盗撮するというもので、自分の行いに深く反省したAさんは、なんとか前科を回避できないかと考えています。
(※この事件はフィクションです)

~前科を回避するために~

前科」は、法律上の言葉ではなく、明確な定義があるわけではありません。
一般的には、前科とは、過去に受けた刑罰の経歴のことをいうとされています。
盗撮行為で、各地方自治体の迷惑防止条例に違反した場合、50万円から100万円以下の罰金若しくは6月から1年以下の懲役に処せられることなります。
そして、盗撮事件で起訴され有罪判決を受けた場合には、軽くても罰金20万円程度の刑を受けることになり、前科がつくことになってしまいます。

Aさんの望みを確実に実現し、前科を避けるためには、起訴されないように活動すること、不起訴処分の獲得に向けた弁護活動を行うことが考えられます。
検察官により不起訴処分がなされれば、前科はつかず、前科による不利益を受けることもありません。
そして、事例のように逮捕、または勾留されている場合でも、不起訴処分となることで釈放され、日常生活に戻ることができます。
盗撮事件で前科を回避するための不起訴処分を目指すのであれば、刑事事件に強い専門の弁護士と接見し、事件に関する適切なアドバイスを受けることが大切です。

盗撮事件では、被害者と示談をすることが不起訴処分を獲得するために大変有効です。
被害者との間で示談が成立すれば、不起訴になる可能性が高まります。
示談を成立させるには、弁護士が被害者と犯人の間に入って粘り強く示談交渉をすることが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の法律事務所です。
盗撮事件で逮捕されてお困りの方、前科を回避したい方は、ぜひ弊所へご相談ください。
0120-631-881にて、24時間相談予約を受け付けております。
初回相談は無料で承っております。
(大阪府警大淀警察署への初回接見費用:3万4700円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.